野生のペタシ (Le pédant sauvage)

Formerly known as 「崩壊する新建築」@はてなダイアリー

そんなコンピレーションは嫌だ

夏休みの間に長距離を運転し、紙ゴミをまとめてヒモでからげてはせっせとリサイクルステーションに運び込み、荒れ放題の庭の草むしりをし、ほとんど腐っていたカーペットを廃棄処分した後の板の間の上に薄い布団を敷いて寝て、てな生活をしていたら、どうも…

2秒前まで待って

「こないだ観た映画、めっちゃ面白かった!でもタイトル忘れた…」 「どんな内容?」 「テロリストがプルトニウムを入手したんで、人並み外れた能力を持つ諜報部員で構成された特別チームでそれを取り返そうとする話。そのテロリストが核爆弾を作って爆発させ…

立秋ですからね

朝7時の気温が20℃! こんなの最近なかったよなーと思いつつ走りに出て、久しぶりに10km。やっぱり涼しいと走りやすいわー。夜は味幸房みなみさんに行ってみましょう、てことになり。 どこへ行ってもつい注文してしまうのがスルメの天ぷら。 とりあえず箕面ビ…

渋滞のない宝塚なんて

うちの実家の近所では、金曜日がプラスチックごみの日だ。部屋の掃除(というか荷物の整理)をして大量に発生したプラごみ(の一部)を出して、少しだけすっきり。ほとんど日課になっている紙ゴミのリサイクルセンターへの搬出もやり、父が精密検査を受ける…

突き出しはサラダで食べ放題

雨が降ったせいか、ずいぶん涼しくなった。夕方まで降ったりやんだり、だったが、やみ間をぬって夕方にびゃーっと5kmほど走ってみた。うむ、ずいぶんと走りやすい。やっぱりこうでないとね。 で夜はまた飲みに出てました、すんません。 この時期は店の予約も…

日置桜のちJameson

久しぶりに雨が降ったりなんかして、ちょっとだけ涼しいかな?と思わんでもないが、いやそれにしても湿度が高い。朝から何やかんやと用事があって出歩いていたり、午後は部屋のゴミ出しをしたりなどして過ごすうちに一日終わってしまう。で夜は飲みに出ると…

こいつぁ死んでるな、と思ったら

Mac

帰省する直前にMacbookのバックアップを取ろうとした時、バッテリー残量が85%になっていて一瞬あれ?と思ったがそのままスルーしていた。バックアップに時間がかかりすぎる(結局、出発前にバックアップを取るのは諦めた)ことの方が気になっていたのだ。 で…

隠れ肥満の可能性って…

盆とか正月に帰省すると太りやすい。まあよくある話だ。移動はほぼ車ばかり、そして暴飲暴食の限りを尽くしている。そりゃ太るわな。せめて体重だけでも測るようにしよう、ということで体重計を買ってきた。体組成計がついたやつだ。体重体組成計ホワイト HB…

朝から好き放題やってやがるな

朝一番で墓掃除に行ってきた。早朝ならまだこの暑さも我慢できなくはない。その帰りにちょっと買い物があったので、鳥取駅前のイオンへ寄った。午前7時から営業しているのだ。で買い物していてふと気付いたのだが、このBGMちょっとおかしくないか。いや、お…

新名神ちっとは役に立ってるのかよ

本日より一週間の夏休みでございまして。今年は母親の初盆てな事情もあり、あれこれ準備もあるので早めに帰省することにする。 てなわけで朝10時ごろに出発して、渋滞もある程度は覚悟していて、吹田の入り口から宝塚まで、なんてのはまあ想定内。西宮山口ま…

いやいや豆屋ってあーたそんな

『パンク侍、斬られて候』を読んですっかりヤラれてしまったので、これはぜひ読んでみねばなるまい、と手を出したのがデビュー作の『くっすん大黒』。くっすん大黒 (文春文庫)作者: 町田康出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2002/05/01メディア: 文庫購入: 1…

Paint it black

火曜日に大阪市内で出張した時に、昼メシに中央軒でチャンポンと半チャーハンを食べた。しまった、と思った。チャンポンに半チャーハンを付けてしまったことについて、ではない。もちろんそれは罪深いことで、良い習慣であるとは決して言えないのだが、問題…

とりあえず13号のことは忘れよう

今朝なんかは外に出た瞬間に、あ、涼しい。と思ったものだけど、それでも30℃近くはあるわけで、通常の感覚ではそれは涼しいとは言わないと思う。慣れってのはえらいもんですな。 ところで、天下茶屋の越中屋という寿司屋は名店なのだけど、19時からの予約が…

堺筋より東ってあんまり行かないから

なぜだか本日から3日間飲み会続き、てなことになってしまった。まあしゃあないわな。 大阪市内の客先での仕事は順調に終わり、残り仕事を日本橋の喫茶店でやっつけて、17時ぐらいから飲みに行くことに。 まずは櫛羅ですな。生ビール1杯に、冷酒半合x3。3杯目…

柚子入ってます

久しぶりに出張ですわ。いわきに日帰りで。 死んでまうっちゅうねん。 とは言ってもまあ朝はいつもより少しゆっくり目に出る感じで。何がたまらんって、昼食と夕食の両方が電車の中で弁当ってのがね。昼はシュウマイと海鮮中華おこわだったので、夜は崎陽軒…

どの辺がFuji Rockなのかよくわからんがとりあえず美味かった

ふだん野球なんぞまったく見ないのに、高校野球の開会式を見てしまった。いやほんと、何もこんなクソ暑い時季の炎天下に野球なんぞやらんでも良いのに、と思うが、みなさんご苦労なことだ。今時は開会式の最中に給水タイムがあるんですな。しかしまあ高野連…

どこがローマやねん

土曜日の午後に、梅田のどこぞで昼メシを食べよう、という時どうするか。もちろん選択肢は無数にあるわけだが、最近そこかしこで見かける「ローマ軒」へ行ってみることにした。焼きスパゲティの店、である。 選ぶのはもちろん、ナポリタン、である。 並で400…

カッパの祟りとかその他いろいろ

あれま小野不由美さんの新作ですか。そんなもんよりとっとと『十二国記』の続きを書いてくださいよ、と思いながらも『営繕かるかや 怪異譚』に手を出す。営繕かるかや怪異譚 (角川文庫)作者: 小野不由美出版社/メーカー: KADOKAWA発売日: 2018/06/15メディア…

ディスるつもりは無いんですよ。でもなんだかモヤっとするなあ。

破壊的イノベーション(disruptive innovation)、なんてことをクリステンセンが言い出したのは1990年代半ばごろのこと。disruptionという単語にはもともと分裂とか中断なんていう日本語があてられている。確かに、それまでのゲームのルールをチャラにする、…

まだ丞相でなくて司空なんですよ

WOWOWの『三国志 〜司馬懿 軍師連盟〜』は、一回分が短いうえに各エピソードが妙に中途半端なところで終わるので、つい2回とか3回分を観てしまうので困る。考えてみればこれは『24』の時もそうだったな。もっともこちらはとても24話では終わらないのだけど。…

「司馬防」の発音が「スマホ」に聞こえますけど

いまや韓流ドラマなんてのは珍しくもないが、WOWOWでは中国歴史ドラマなんてのまでやっている。今は『三国志 〜司馬懿 軍師連盟〜』というにをやっていて、司馬懿が主役だったりする(以前にはやはり三国志で趙雲伝なんかもあったようだ)。 へえ、そうきま…

奇才とか偉才なんて言われてるんですて

今年の秋にアファナシエフが来日するらしい。全曲ベートーヴェンのピアノソナタで、8番、14番、17番、23番、というラインナップだとか。こりゃちょっと観に行ってみたいな、てことでチケット予約した。 とはいうものの、実はアファナシエフちゃんと聴いたこ…

台風一過、でもまだクソ暑い

天気予報の通りに、大阪では29日未明から暴風雨となった。わざわざ布団を敷いた後、どういうわけか酔っ払ってソファで寝落ち、その後午前1時ごろに目が覚めて布団に移動したわけだが、その時点で外はすでに荒れ狂っている。うっわーこらえらいこっちゃで、と…

イワンお前こっち来んなコラ

台風12号の進路、すごいですなあれ。なんでやねん!って突っ込みたくなる。お前あっち行っとったんちゃうんか!って。『レッド・オクトーバーを追え!』("The Hunt for Red October")を思い出したですよ。あの、原潜が進行方向を180度転換する、「イワン・タ…

本日の新発見

水曜日の夕方に阪急京都線で人身事故があり、堺筋線もろともしばらく運転見合わせとなっていたようだが、木曜日は木曜日で、朝から踏切だか信号機だかの点検のため、やはりダイヤが乱れていたようだ。トラブル続きだな阪急京都線。一方のわたくしはと言えば…

そんな名前つけたらいつまでたっても終わらんのとちがいますか

月日の経つのは早いもの。もう『下町ロケット ガウディ計画』が文庫化されているではないですか。下町ロケット ガウディ計画 (小学館文庫)作者: 池井戸 潤出版社/メーカー: 小学館発売日: 2018/07/06メディア: 文庫この商品を含むブログ (1件) を見る「ロケ…

南茨木定点観測

おお、ついに! 南茨木駅の男性用トイレが使えるようになっているではないですか! 6月18日から1ヶ月強。いやー長かった。長かったけど、その間にあのトイレが必要になったことって、実は一度たりとも無いんですよね。無けりゃ無いで、何とかなるもんです。 …

一年なんてあっという間ってわけさ

この3〜4週間ほど、どうもアゴが痛い。いや、アゴではないな。正確には、右下の奥歯のあたり。ものを食べるときに噛みしめると、痛みがある。実はわたくしこの右下あたりに神経を取ってブリッジを装着した奥歯がある。こいつの歯根あたりが化膿してたりなん…

電気羊も読んでみないとね

<映画の見方がわかる本>とはまた、えらく大きく出たもんだなオイ、と思いながら『ブレードランナーの未来世紀』を読んだ。〈映画の見方〉がわかる本 ブレードランナーの未来世紀 (新潮文庫)作者: 町山智浩出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2017/10/28メディ…

酷暑の京都にて遅めのランチという名の昼酒

京都国立近代美術館で開催中の横山大観展、どうするよ? いやもう、暑くてあんまり外に出たくないのだけど、本日で最終日だし。てことで、滑り込みで行ってきましたよ。 言っても詮無いことなのだけど、とにかく暑い。秋冬なら四条河原町からのんびり歩くの…