読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野生のペタシ (Le pédant sauvage)

Formerly known as 「崩壊する新建築」@はてなダイアリー

赤いエフェクターでね

音楽

Char師匠もいよいよ還暦をお迎えあそばすようだ。それを記念して(かどうかは知らんが)リリースされたアルバム「Rock十」を入手した。

ぱっと見、「ロック・プラス」かと思ったが、よく見るとどうも違う。おお、+(プラス)ではなく十(じゅう)じゃないか。つまり「ろっく・じゅう」、ろくじゅう=六十、てか。相変わらずお茶目ですなあ。
ROCK 十

ROCK 十

 

曲を提供したのはすべて生まれ年の干支が異なる12名。それも泉谷しげる布袋寅泰石田長生奥田民生松任谷由実福山雅治山崎まさよし、等、超豪華。何気にJESSE君もいたりして。でも何だかんだいってやっぱり、石やんとかホテイさんの曲は相性が良いなーと思う。石やん作「ニッポンChar, Char, Char」はもう、いかにも、という感じのギターのリフがカッコええし、ホテイさんの「Stormy Heart」ってこれジェフ・ベックの「Big Block」のパクリですよね?でもまあ良いか、とか。一方でユーミン作「Night Flight」、あー良い曲ですねえ。でもChar師匠なんだか窮屈そう… いや別にCharでなくて良いよねこれ、なんて。宮藤官九郎による(作詞だけだけど)「チャーのローディー」なんかはもう、完全にイロモノながら、やはりその辺がChar師匠の懐の深さ、とでもといいますか。その他、フクヤマとか奥田民生とか山崎まさやんとかの曲がもう、いかにも、という感じだし。そんな感じでバラエティに富んでいて幕の内弁当的に楽しい、でもやっぱりレベル高いよね、な一枚。