読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野生のペタシ (Le pédant sauvage)

Formerly known as 「崩壊する新建築」@はてなダイアリー

Kalani!

某月某日、某所にて。とある人と呑んでいる時に、蕎麦屋の話題になった。なんでも、福島にかなりナイスな蕎麦屋があるらしい。ではその店に行ってみましょう、ということで土曜日の白昼堂々、蕎麦屋で昼酒という実に結構なことになったわけだ。

実を言うと、わたくし11:45集合だと思っていたのだが、11時少し前に「どこにいるのだ?」というメールが届いた。何ということか、実は10:45集合だったのだ。1時間間違えていた。総勢3名であったので、他の参加者には先に始めてもらうことにして、わたくしは1時間ほど遅れての参戦となった。
店は商店街の奥にある「からに。予約を取ってないので、11時の開店に合わせて行ったわけですな。
午前中に10km走って風呂に入り、そのまま出てきたのでとにかく暑い。まずはビールを飲んだわけだが… 突き出しに酒盗が出てくる。少量の煮豆がある。子持ちコンニャクもある。ときたらビールなんぞ飲んでいる場合ではなく、残ったビールはもうチェイサーということで、さっさと日本酒に切り替える。いやもう、こりゃしゃーわせだ。店の内装は、蕎麦屋というより雑貨屋という雰囲気。食器類もなかなか良い感じで。すでに先行する二人は食べたという細切り蕎麦を注文したのだが、これがまた美味い。量はやや少なめだ。さらに3人で2合ほど飲み、仕上げに鴨汁を。今度は粗挽きの蕎麦にしてみた。濃厚な出汁もまた美味い。というか鴨そのものも、やたら美味い。いやー参った。
蕎麦湯はけっこうドロっとしてる。これも美味い。そして最後に蕎麦茶。
はい、大満足でございました。また来るぞ。