読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野生のペタシ (Le pédant sauvage)

Formerly known as 「崩壊する新建築」@はてなダイアリー

Nürnbergerwurst und Wienerschnitzler

週末をまるごとミュンヘンで過ごすなんてのは初めてのことだ。

後半戦のメンバーもミュンヘン入りしたので、午後からみんなでトラムに乗って市街地へ行ってみることになった。
もともとはミュンヘンレジデンツへ行くことになっていたのだけども、この時季のミュンヘンにしては珍しく快晴なのに屋内にいるのはもったいない、てんでやたらあちこち歩き回った。
とはいえまずは腹ごしらえ、ということで新市庁舎近くのビアホールRatskellerでニュルンベルガーヴルスト、もちろんヴァイスビアも。
f:id:neubauten:20151206201534j:image
f:id:neubauten:20151206201552j:image
付け合わせのザウアークラウト、わたくあまり好きではなかったのだけど、これは酸味が強すぎず、なかなかイケた。さらにホースラディッシュもついてきて、これがまた絶品。いずれも肉々しいソーセージによく合うのだな。
店内いたるところに妙な絵が描かれている。古そうな店だ。どうも有名店であるらしい。
f:id:neubauten:20151206201612j:image
新市庁舎、というからには普段この中で市の職員たちが働いているのだろうなあ。ほんまかいな、という感じだが。
f:id:neubauten:20151206201629j:image
まあこの界隈はこういう感じの建物が多いわけですけどね。
f:id:neubauten:20151206201653j:image
f:id:neubauten:20151206201717j:image
しばらく歩き回って、少し疲れたので休憩。というわけでまた一杯。こんどはワインでも飲んだろか、ということでリースリングを、と思ったのだけど残念ながらボトルしかない。じゃあしかたがないゲヴュルツトラミネールでも、と言ったらそれも売り切れかよ!これも似たようなもんですぜダンナ、と他のワインを勧められたのでそちらを飲んでみたところ、うんなるほどこれもなかなか結構。何だったか覚えてないけど。
休憩したが夕食にはまだ少し時間が早いしお腹も空いてないので、さらにあちこち徘徊し、マルクトを冷やかす。そろそろ日がくれてきた。
f:id:neubauten:20151206201758j:image
f:id:neubauten:20151206202017j:image
7時を回ったぐらいに、じゃあそろそろ、てんで夕食を食べようとするが、まあどこもけっこう混んでますな。んでなんとか適当な店の一軒にもぐりこんで、こんどはシュニッツェルなど。
f:id:neubauten:20151206202544j:image
さっさとガッついてしまったので写真に写ってないのだが、こいつにクランベリーかなんかのジャムがつく。これがまたバターのしつこさを和らげてくれてなかなか良い感じだ。しかしまあ、ものすごいカロリーよなあ。
という感じで、ミュンヘンを満喫してまいりましたです。さすがにちょっとばかし疲れたけど。