読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野生のペタシ (Le pédant sauvage)

Formerly known as 「崩壊する新建築」@はてなダイアリー

キングギドラ?

音楽

アナ・ポポヴィッチの新譜が出る、と少し前から宣伝していて、実は今月末にシアトルでライブもやるというので予約もしているのだ。なのでついでにこのCDも。

Trilogy

Trilogy

最近アメリカではまともにCDを売っている店舗というのが無い。せいぜいTARGETとかFred Meyerみたいなスーパーで、ごくごくショボいスペースでどうでも良いようなCDを申し訳程度に売っているぐらいなものだ。なので普通にCDを買いたければオンラインで買うしかないのだな。ということで初めてAmazon.comでCD買いましたです。
"Trilogy”というタイトルでなんと3枚組。えらい気合い入っとるなー。"VOL.1 MORNING"は全体にパワフルなソウル、”VOL.2 MID-DAY”がこれぞアナ、なブルーズ、そして"VOL.3 MIDNIGHT”をそういえばこういう感じのも結構やってるよね、というジャズでまとめていて、おーなるほど、と思うわけです。
初めてアナ・ポポヴィッチを聴いたのは2003年の”Comfort to the Soul”の時で、あのアルバムの”Don't Bear Down On Me"をラジオでヒロTが紹介してるのを聴いて「おお、これは!」とCDを買いに行ったんだよな確か。女性版SRV、なんて言われてな。
VOL. 2の最初に入ってる"You Got the Love"あたりを、あのインパクトを期待して聴くと、ちょっとヴォーカルのドスのきき方なんかはもう勢いが落ちてしまってるかなという気はするけど、それこそSRVばりのぶっといギターの粘り加減というのは相変わらず、というかさらにパワーアップしたような気がしなくもない。
ところでいま初めて知ったのだけど、アナって1976年生まれの40歳だったのか… てっきりわたくしより年上なのかと。ごめんよアナ。