読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野生のペタシ (Le pédant sauvage)

Formerly known as 「崩壊する新建築」@はてなダイアリー

もわもわvsぽろぽろ

先日Amazonでダウンロード購入したアルバム、CANの"Unlimited Edition"XTCの"English Settlement"以外に実はもう一つある。ハロルド・バッド&ブライアン・イーノの"The Pearl"だ。

The Pearl

The Pearl

調子に乗って3つも。あいすみません。まあ3つ合わせて税込で$30.08ですけどね。みんな古いアルバムだからなあ。
このアルバム、iTunesライブラリ内でジャニス・ジョプリンの"Pearl"の隣に並んでて、なんかちょっと変な感じ。まあそんなことはどうでも良い。実はこれ、LPでも持っているのだ。大学1年生の時に大学生協内のレコードショップで買った。多分、初めて買ったイーノのアルバムだと思う。これもカセットにコピーしてよく聴いたもんだ。
ハロルド・バッドといえばアンビエントシリーズの2作め、"The Plateaux Of Mirror"(邦題は「鏡面界」だ。なかなか上手いネーミングだと思う)がブライアン・イーノ&ハロルド・バッド名義だ。まあ要するにあれと同じ路線で、イーノのシンセがもわーんと鳴ってる中に時々バッドのピアノがぽろぽろんと響く、という。正直なところ、これらのアルバムから1曲をランダムに選び出して再生し、どっちのアルバムか当てろ、と言われても多分わからないと思う。
…なんか全く褒めてないみたいだけど、わたくし好きなんですよどちらのアルバムも。いや本当に。就寝前はだいたい、アンビエントシリーズの1("Music for Airport")、2("The Plateaux of Mirror")、4("On Land")、あるいはfennesz+sakamotoあたりを聴くことが多い。いや、流しっぱなしであんまり聴いてないな。聞き流せるのが良いのですよ。
ちなみになぜアンビエントシリーズの3("Day of Radiance")が入ってないかというと、あれはあれでトリップ系で気持ち良いのだけど、就寝時に聴くにはあのダルシマーがちょっとじゃらじゃらとやかましすぎるのだな。
というわけでこのアルバムも、久しぶりにヘビーローテション。いやぁ結構でございますなあ。