読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野生のペタシ (Le pédant sauvage)

Formerly known as 「崩壊する新建築」@はてなダイアリー

It is SAM

昨年の8月に当地に来てから、ちょうど1年が経過したわけでございます。
しかしながらダウンタウンシアトルへ行ったのはこの1年でほんの数回ほど。パイクプレイスはちょこっと行ったけれども(ライブを観に時々行くJazz Alley以外の)ダウンタウンについてはほとんど何も知らない。
そして今週わたくしはバケーション。さらに日本からは妻が視察に来ている。というわけで本日、シアトル美術館、通称SAMに行ってみた。

いやもう、なめてかかっていたわけではないのだけど、予想以上に充実した展示で、すっかり打ちのめされた。ネイティヴ・アメリカン関連の展示がディープで、これは見応えありざますね。その他アフリカも中近東もラテンアメリカも。特にラテンアメリカは、なんだか観てると血が騒ぐ感じ、あれは一体何なんでしょうなぁ。その他ゴヤピカソのコレクションも堪能して。
で次に至近のパイクプレイスマーケットへ。軽くマーケット内を流してすでに昼を過ぎているわけで、問題は腹が減っているということ。
パイクプレイスの近くにあるEtta'sなる店に入ってみた。

そんなに暑くないって言ったって、やっぱりビールですよね。IPA美味しゅうございます。
そして、前菜に設定されているカラマリのフライ(いつもこればかり)と、フライのミックス(カキ、エビ、白身魚)を注文し、これを二人でシェアすることにした。


うーんカキフライもエビフライもちょっと揚げすぎでないかい?まあでもカラマリのフライは美味かったけどね!
これから先に大した用事があるわけではなく、ウォーターフロントをだらだらと散歩。

そしてインターナショナルディスクリクトあたりまで行き、宇和島屋を覗いて、ダイソーで爪楊枝を購入。そして5th Ave.でバス停あたりまで戻る。坂道だらけでなかなかしんどい。バスでレドモンドまで戻り、すぐに車で出直して晩飯の買い出しをして帰ったらぐったりだ。けど昼間に揚げ物祭りをしたし… ということで嫌々ながら5kmほど走っておく。
けっこう歩き回ったので疲れた。なぜかあまりお腹が空かなかったためすっかり遅くなった晩飯に近所で買ってきたワインを飲んで、猛烈に眠くなったがなんとか寝落ちせず、ちゃんとベッドで寝るなんて偉いぞ俺様。