読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野生のペタシ (Le pédant sauvage)

Formerly known as 「崩壊する新建築」@はてなダイアリー

FBIの主任捜査官がCIA長官になってるぞ

「ボーン・アイデンティティ」、「ボーン・スプレマシー」ときて、まだやるつもりか、という感じの「ボーン・アルティメイタム」。

まあアレだ、前作の終わりにパメラがジェイソンに「あんたの本当の名前はデイヴィッドだぜ」なんて言ってたわけだから、当然そこから引っ張って軽くもう一本ぐらいは行くよな、とは思うけど。
まあ相変わらずの派手なアクション満載なわけだが、前作以上に頭脳戦というかCIAの手の内を読み、それを出し抜いていくというパターンのウェイトが増えており、その辺りかなり痛快だ。
それにしてもCIAって何でも知ってるな。手あたり次第に電話での会話から要注意キーワードを拾い出してきて、それを口にした人物の個人情報から何からあっという間に抜き出してきて適当な理由をつけて逮捕する、なんてこれ、まあ映画の話だから… 本当に映画だけの話なんだろうか?
日本では某政党が、ブログやTwitterの書き込みをチェックし、某政党に批判的な書き込みを見つけたら即座に削除させたり反論を書き込んで炎上させたり、なんていう作業を業者に委託してたりするらしいから、それをもっと洗練させた形でCIAがやってたりしても、そんなに不思議ではないな。
それにしてもこの映画、あのオチで良いのか本当に。というか実際にはまだ続編があるようだが、ジェイソン・ボーンが出てくるのは本作で最後のようだし。それでいいのかジェイソン。けどまあまた彼を主役にしたくなったらいつでもできるようにはなってると思うけど。「ジェイソンは生きていた」ってやつさ。