読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野生のペタシ (Le pédant sauvage)

Formerly known as 「崩壊する新建築」@はてなダイアリー

プリムローズ堀江って朱美が住んでなかったっけ?

映画『後妻業の女』が公開になって、書店では原作の『後妻業』が平積み大フィーチャー。前から気になりながら、これまだ読んでなかったな、ということで。

後妻業 (文春文庫)

後妻業 (文春文庫)

『煙霞』と同様に舞台は大阪で、ディテールまで作り込まれた設定がリアル。そして何といっても「後妻業」のエース・小夜子が実にまあ、エグいというか何と言いますか。かなり下品な69歳のおばはん(というか正味のババア)で、なんぼ相手が爺さんとはいえ、ほんまにこんなババアが色仕掛けなんぞできるんかいな、と思わずにはいられない。しかしながら、このお話によく似た事件というのも実際に起こっているわけで、その犯人を見るにつけ、「なんでまたこんなのに…」と首を傾げたくなるのだが、いやまあ、そこはそれ。
興信所の探偵・本多が実は主役で結構ハードボイルドな仕上がりになっている。結局は何とも救いのない話だ。でも面白かった。映画も観てみたい。小夜子役が大竹しのぶっていうのはちと微妙(それはそれで良いと思うけど原作のイメージとはちょっと違う気がする)だが、結婚相談所の所長・柏木が豊川悦司ってのはかなりハマり役だと思う。うーんこの前日本に帰った時に見ておけばよかったな。