読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野生のペタシ (Le pédant sauvage)

Formerly known as 「崩壊する新建築」@はてなダイアリー

けつねうろんは正義

先週はネギ抜きたぬきそばを食べるという屈辱を味わってしまったわけだが、今回は無事にネギ入りのきつねうどんを食べることができた。それにしても、6月に日本に出張した時に買って帰った七味が、もうすでに何だか味が抜けてきているのが残念だ。

さて今週の作り置き。何だかどうにも気分が乗らなかった(あるいはプロシュット事件のせいかもしれない)のだが、何とか。
ナスの煮浸し、大根と牛肉とリーキの煮物、インゲンのごまよごし、以上3品である。先週買ったものがまだ残っていたので、とっとと処理せねばならなかった大根、こいつが最初から何だかぶよぶよでども気に入らなかったのだが、炊いてしまえばそれなりに良い感じだ。牛肉はステーキ用として売っている、3ドルとか4ドルぐらいの安物を使う。たぶんステーキとして食べると残念な感じなのだろうが、煮込みには向いている。ナスはどうしてあんなに巨大なのだろう。最初に多めの油で揚げ焼きにするのだが、やはりどうしても火がしっかり通ってないところができてしまうようだ。今回は甘酢っぽい仕上げに豆板醤も入れてみた。ちなみにネギの代わりにここでもリーキを使っている。そしてインゲンのごまよごし、本当は黒ごまを使うべきなのだろうがそんなもん持ってないから白ごまで。だいたいそんなところですな。
実はあとキャベツが1玉まるまるある。こいつを何とかせねばなるまい。あとプロシュットの残りと(まだ言ってる)。