読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野生のペタシ (Le pédant sauvage)

Formerly known as 「崩壊する新建築」@はてなダイアリー

ホップ40倍

どこで知ったのだか憶えてないが、『Business for Punks』なんていう本があるらしい。著者はジェームズ・ワット、スコットランドのBrewDogというブルワリーの創業者だ。あ、BrewDogって聞いたことある。そういえばPunk IPAってのを飲んだ。けっこう美味かったと記憶している。ということで興味が出てきて、Kindle版もあるようだしポチっと。

ビジネス・フォー・パンクス

ビジネス・フォー・パンクス

まあ言ってみれば、起業するとはどういうことか、そして事業を急成長させていくための心得とは、てな話だ。まあそんなに斬新なことが書いてあるわけではない。いわく、ヴィジョンを持て、ミッションを明確にせよ、価値観を共有せよ、事業計画なんて作るな(これはあまり他の本には書いてないか)、それでも財務は大事だから詳しくなれ、とにかく粗利を確保せよ、キャッシュフローは死活的に重要だ。
だから陳腐だと言うつもりはない。少なくとも語り口は斬新だ。何と言ってもパンクだから。ちょっと暑苦しいけどもな。
彼らのマーケティングというのはかなり過激で、世間を騒がすようなことばかりやっているようだ(恥ずかしながらわたくしは存じ上げませんでしたが)。その事例紹介は面白い。
まあアレだ、たとえば大企業で経営企画とかその辺の仕事をやっていて、日々のロクでもない仕事にちょっとうんざりした人なんかが読むと、痛快で良いかもしれないね。真似するのはやめといた方が良い(というかまず無理)だと思うけど。この本の重要なメッセージのひとつは、「他人のアドバイスなんか聞くな」だ。だから、この本を読み終わって、「ああ面白かった」と言って、書いてあることをまるっと無視したって構わない。いや、そうすべきだ。あれ?でもそれって「他人のアドバイスなんか聞くな」というアドバイスにしたがったことになるぞ…
何だか嘘つきのクレタ人みたいになってきたけど、とにかく、六本木にあるというBrewDogのバーには一度行ってみたい。