読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野生のペタシ (Le pédant sauvage)

Formerly known as 「崩壊する新建築」@はてなダイアリー

インターネットにつなぐにはモデムが要るのです

読書

『タックスヘイヴン』を読んだらずいぶんと面白かったので、これはぜひ前作の『マネーロンダリング』も読んでみなければと思っていたのだ。念のために言っておくと、『マネーロンダリング』は『タックスヘイヴン』の前作であるが、その登場人物の共通点やストーリーの関連性は一切ない。にもかかわらず、何なんだこの良く似たテイストは。テイストというか、いずれもちょっとハードボイルドな主役とややオタクな脇役と謎の美女とスジもんが出てくる金融がらみのミステリー、という意味では同じなのだけど。ただし役のこなれ具合ということで言えば、本作の主役のハードボイルド感は、『タックスヘイヴン』のちょっとベタな感じに比べるとちょっとくたびれていて、よりリアリティと味わいがあって好感持てる。謎の美女にまつわるストーリーもこちらの方がハードかな。

マネーロンダリング (幻冬舎文庫)

マネーロンダリング (幻冬舎文庫)

カネをあっちからこっちに移すだけ、てなことでもそこにはいろんな事情と規制とノウハウがあって一筋縄ではいかず、だからこそそこでちょっとずつ上前をハネようなんて連中がたかってくるのだな。まあとにかく金融とそれにかかわる税法の話というのは、実に複雑怪奇であることだなあと感心する。そのあたりをうまいことネタにして、規制当局と業界に対する批判も織り交ぜながらリーダビリティの高いミステリーに仕上がっているのがまた何とも。いやあ面白かった。