読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野生のペタシ (Le pédant sauvage)

Formerly known as 「崩壊する新建築」@はてなダイアリー

ハイブリッドの罠

埋め草

前日にオンラインチェックインした時には、まだキャンセル待ち状態だったが、空港へ行ってみたら無事にビジネスにアップグレードされていて一安心。けれどもどういうわけか、今回はあまり機内では寝られなかった。ほんの2時間ぐらいか。なんか妙に暑かったのよな。で起きてる間は本を読んでいた。
で「到着前のお食事」はラーメン。

もうね、機内食はそんな立派でなくて良いから、ラーメンとおにぎりだけ用意しておいてくれれば良いよ。
シアトルから成田まではNH177、成田から伊丹がNH2177というのがいつものパターンなのだけど、今回はちょっとした手違いというか思い込みで成田→伊丹は1時間遅いNH2179に。仕方がないので成田の到着ラウンジでビールを2杯ほど飲んでみた。到着ラウンジって保安検査の前にあるんで、普段はそんなにのんびりもしてられないから入ったことなかったのよな。
国際線であまり寝られなかったせいか伊丹へのフライトがやたら眠く、うつらうつらしていた。そのせいか機内にKindleを置き忘れてしまった。滑走路からターミナルへ向かうバスに乗る時にはすでに気付いていたのだけど、そこから引き返すわけにもいかず。バゲージクレームのANAのカウンターで忙しそうにアナウンスをしているおねいさんに、機内に忘れもんしちゃったよ、と告げるとすぐに問い合わせてくれ、スーツケースをピックアップして少し待っている間に整備のスタッフと思われるおぢさんが届けてくれた。いやー、忙しいのに仕事増やして申し訳ない、でもありがとう。こういうときにどんだけさくっと対応してくれるかで随分と印象ちがうよね。最近いろいろと問題起こしてるみたいだけど、個人的にはまたANAの好感度アップ。これが本日のハイライトかな、と思っていたのだが、妻に最寄駅まで車で迎えにきてもらったらエンジンがかからなくなったという事案が発生した。わたくしを待っている間にほんの5分ほどエンジン切った状態でラジオをつけていただけで、バッテリーが上がってしまったらしい。そんなアホな、と思うがこの2ヶ月ほどエンジンもかけてない、しかも一年のうちせいぜい数回しか乗らないためバッテリーが相当にヘタっていたらしい。てなわけで結局JAFのお世話になった次第。いやあ参りました。最後までネタまみれとは。
でもまあアレだ。風呂にゆっくりつかるってやっぱり良いね。