読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野生のペタシ (Le pédant sauvage)

Formerly known as 「崩壊する新建築」@はてなダイアリー

相変わらず肉を煮ています

相変わらず寒い。寒い時には焼酎のお湯割りなんぞがよろしい。では焼酎のお湯割りに合う料理は何か?と考えると、豚の角煮なんぞがよろしかろう、ということになった。
宇和島屋でいつもの納豆、豆腐、油揚げに加えて豚バラブロックを買う。さらにQFCでリーキその他と、Rolling Stoneの表紙に出ているオバマ大統領と目が合ったので、ついでにこれも購入。今までアメリカで雑誌なんか買ったことないのだけど、Rolling Stoneの内容には興味あったしオバマのインタビューも載ってるみたいだし。
で昼飯には久しぶりにPanda ExpressでChow MeinとOrange Chickenのコンボをテイクアウトした。

まあ美味いんだけどね。やっぱり味濃いよなー。こんなもん常食してたら味覚が破壊されるぜ。んでまあそれ以前に量も多いので、Orange Chickenは2、3切れほど食べてあとは冷蔵保存。明日の晩飯にしよう。
昼飯を食べたらさっそく調理に取り掛かる。だらだら2時間ほどかけて3品。

ナスは今回、味噌で味をつけてみた。ちょっと味が濃くなりすぎたか、と思ったが、落ち着いたらそうでもないようだ。それより何でこんなに皮が硬いのか。とても食われしまへんがなこれ。ホウレン草はいつも通り。そして本日のハイライトは豚の角煮だ。これは大成功。うまくほろほろのとろとろにできた。別段難しい料理ではない、少しばかり手間がかかるがそれを惜しまず、レシピ通りに愚直に作ればそれなりのものが出来上がるのだ。
てことで、残り少ない青鹿毛のお湯割りにて。

うーむ、美味いす。和ガラシがないので粒マスタードで食べたというのがちと残念ではあるが、まあそれはそれで悪くない。
青鹿毛の残量はたぶんあと一回分ぐらいだろう。次の週末までに焼酎に合うメニューを考えておかねばならない。