読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野生のペタシ (Le pédant sauvage)

Formerly known as 「崩壊する新建築」@はてなダイアリー

まだクリスマスじゃないから大丈夫

さていよいよ本日のフライトで日本に帰るわけだ。ところで、いつもパッキングは出発日の朝にやっている。特に何か信念があってそうしているわけではない。単に先送り体質のグズなだけだ。しかるに今回は、前日に撤収作業があったためにイヤでも荷物をスーツケースに詰めなければならない。というわけで珍しく出発の前日にすでにパッキングが終了しているというまことに稀有な状況なのである。正直ちょっと戸惑う。が、やはり余裕があるというのは結構なことだ。
昨夜酔っ払って寝落ちして、3時半ぐらいに目がさめたがそこから寝直して6時に起床、ゆっくりシャワーを浴びて朝食も摂って、Uberで空港まで。チェックイン時に昨年のダイハード事件のおぞましい記憶が蘇ったが、今回は何の問題もなくチェックインできた。まあこれが当たり前なのだけど。
というわけでただいまラウンジにてダイアー・ストレイツの"Communiqué"を聴きながら搭乗待ち中、というわけだ。

コミュニケ

コミュニケ

このアルバムも 爆買いCDのうちのひとつ。
前作の"Dire Straits"と同じ路線ですな。ほとんど生音(もちろんアンプは通しているだろうけど、エフェクター無しってことね)で、全体にレイドバック。まあ"Lady Writer"みたいなけっこうアッパー系の曲もあったりするのだけど。マーク・ノップラーって演奏スタイルは特徴的だけどもあんまり変なフレーズは弾かなくて音もクリアだから、けっこう耳コピなんかもしやすそうな気がする。気がするだけかもしれんけど。
しかし本当に地味だね。あたしは好きですけどね。まあ渋いですわ。

さて、ぼちぼち搭乗時間ですよ。今回はラーメン食べられるかな?