読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野生のペタシ (Le pédant sauvage)

Formerly known as 「崩壊する新建築」@はてなダイアリー

スーツケースにはキャスターが要るよね

ずいぶん前からハードディスクに録画されていて、さっさと観ないと消えてしまうぜ、てんで『天才スピヴェット』を観たわけだ。

天才スピヴェット [Blu-ray]

天才スピヴェット [Blu-ray]

父親はカウボーイ、母親は昆虫学者。姉はアイドル志望。なんだそりゃ、てな家族で、T.S.スピヴェット君は文字通り天才なわけだが、あまりに天才すぎて、父親にも学校の先生にもいまいち理解してもらえないのですね。
父親の名を騙って発表した論文が賞をもらったので、モンタナの片田舎からワシントンDCへ、あれこれ悪知恵を働かせながらたどり着くまでの大冒険、てな話でこれがなかなか楽しい。
楽しい話なのだけど、T.S.スピヴェット君は弟のレイトンを銃の暴発事故で亡くしている。その件に関するスピヴェット君の屈託と欠落感というのが、このお話にある種の影を落とし、また味わい深いものにしているという気がする。
なんとなく、あまり触れないようにしていたレイトンの死に対して、スピヴェット君が正面から向き合うことによる鎮魂と、家族の再生、とまあ言ってみればそんな感じか。
普通のハリウッド映画とはまた一味違った、独特の雰囲気がありますですね。原作もあるようでこちらも気になるところ。いずれ読んでみなければ。