読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野生のペタシ (Le pédant sauvage)

Formerly known as 「崩壊する新建築」@はてなダイアリー

サバ祭り

入院している母親の見舞いということで、鳥取に日帰りで行くことにした。バスが安いのだが、梅田発の便は着くのが正午過ぎになるので、往路はスーパーはくと1号、復路は高速バスの19便、と大盤振る舞いだ。さらに鳥取での足はレンタカー。予定が決まった時点でとっとと予約すれば良いのに、グズなもんだから前日の夜になってやっと予約しようとしたら、どこのレンタカー屋も軒並み予約でいっぱい。かろうじてトヨタレンタカーに空きがあったが、どうもここって割高なのよな…
まあ仕方ない。とにかく予定通り、頼まれていたウェットティッシュの詰め替えを購入し、用昼メシを調達して家で食べ、自宅に埋もれている物件を発掘し、年老いた父親を連れて病院へ見舞いに行き、帰ってきてから小一時間ほど昼寝をして。
昼寝するぐらいなら、高いスーパーはくとにわざわざ乗らなくても、バスで昼過ぎに着く旅程でも良いじゃないかと思ったが、まあそこはそれ。そんなことを言い出したら、わざわざレンタカー借りたけど、駅と家と病院の間を行き来きしただけじゃないか。
まあとりあえず次回は往復ともバスだな。
さて16時過ぎには家を出てレンタカーを返却する。その後、18:10のバスの時間まで早めの晩メシ… などとと言いつつ、駅前の「村尾」でまだ明るいうちから一杯やるわけだ。
日置桜の純米、モロキュウ、サバのへしこ。

これはたまりまへん。
そして第2ラウンドは、鷹勇ひやおろしにしめさば、そして炙り油揚げ。

ええあんばいですわ。
そして砂丘そばでシメると。

いやもう、明るいうちからすんまへん。