読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野生のペタシ (Le pédant sauvage)

Formerly known as 「崩壊する新建築」@はてなダイアリー

Smoke on the rail

埋め草

いつもの電車に乗って(「いつもの」と言ったって、同じ電車というわけではない。同じ時間に発着する電車、という意味な。んなこたぁわかってるか)仕事に行こうとしたのだが、地下鉄堺筋線で動物園前駅に着いたあと、そこから動かなくなってしまった。天下茶屋まであと一駅だというのに何事だ、と思ったら、天六駅で発煙があったため堺筋線全線で運転を見合わせている、という。何ですと?先週木曜日の夕方もそんなこと言って、電車が動かなくなってしまい、天下茶屋駅から堺筋線に乗るのを諦めて急遽岸里から四つ橋線に乗ったのだ。危うく整骨院の予約に遅れるところだった。あの後運転は再開したけど、実は根本的な問題は解決してなかったということか。しっかりしてくれよまったくもうー、とボヤきつつ南海線新今宮まで歩いて乗り換え、事なきを得たわけだが、まあ難儀なことだ。
聞いたところによると南海本線においてもダイヤが乱れていたらしい。原因は飛来物が架線に接触したため、だとか。さらによく聞いてみると、飛来物とは布団、であるらしい。つまりアレだ、「布団がふっ飛んだ」というやつだ。ちなみに同様の事案が2010年に阪急千里線においても発生しており、まったく同じ感想をわたくしは抱いている。十年一日とはこの事だ。これを「ブレない」と見るか「進歩がない」と非難するか。あらゆる物事には二面性があるのだ。

ああそれにしても腰が痛い。これ、整骨院に行って施術してもらうと魔法のように楽になるのだけど、残念ながら魔法の効き目はさほど長くないのよな。