読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野生のペタシ (Le pédant sauvage)

Formerly known as 「崩壊する新建築」@はてなダイアリー

ちゃんと46分に収まるよ

山下達郎の曲が頭の中で流れ出して止まらなくなる、という症状には、何か山下達郎のアルバムを投与する、というのが効果的な治療法であるということが経験的に知られている
今回はまた古いところで「FOR YOU」を投与してみた。

FOR YOU (フォー・ユー)

FOR YOU (フォー・ユー)

有名どころでは、「SPARKLE」とか「LOVELAND, ISLAND」なんてあたりが入っている。いずれも名曲で、軽快なビートに、爽やかな青空を思わせる乾いたサウンドが… むちゃくちゃ季節外れやないかい。
と思ったけど、実はこのオリジナルのLPが発売されたのは1982年1月21日。今とほとんど変わらない。なんでまたそんな時季に…
このCDにはボーナス・トラックとして「あまく危険な香り」が収録されている。1982年の発売当初のLPには入ってなかったはずの曲だ。しかしながらわたくしの記憶によれば、同級生のI君は1982年の夏、陸上部の合宿で消灯時間後にこのアルバムをウォークマン(!)で聴きながら、この「あまく危険な香り」を歌っていたはずだ。あれは一体…?
と思ったが、アルバム「FOR YOU」が発売されたあと、同年の4月に「あまく危険な香り」がシングルでリリースされていたのだな。おそらくそれらを全部カセットテープにコピーして聴いていたのだろう。そう考えればまあ、どうって事ない話だ。