読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野生のペタシ (Le pédant sauvage)

Formerly known as 「崩壊する新建築」@はてなダイアリー

ロケット飛ばすわけじゃねえんだ

近いうちにレドモンドへ出張しようと思っていて諸々の手配をしているのだが、安い航空券が自分で手配できるという当社のシステムがひどい。伊丹 ー シアトルで検索すると、成田とLAを経由する2回乗り換えルートばかり出てくる。1回乗り換えは往路便が羽田に着いて成田まで移動するルートか、伊丹を朝の7時台に出発する(そして成田で夕方の便まで待つ)、という嫌がらせとしか思えないフライトしか出てこない。んなアホな話があるか、というので旅行代理店にフライト予約を依頼したら(今回のような伊丹 ー シアトルの単純な往復の場合は旅行代理店で人手を介するのではなく前記のシステムを使い自分で手配することを推奨されている)、ちゃんと伊丹 ー 成田 ー シアトルというまともなルートでまともな時間のフライトを予約してくれた。な?ちゃんとあるじゃないか。ただし、法人契約している安いレートが適用される席は今のところ満席のため、少々値段が高い。しかしこれもキャンセル待ちをしているうちに片道はキャンセルが出て、少し安くなった。発券期限まではまだ余裕があるから、もう少し待てばさらに片道もキャンセルが出るだろう。全部自動のシステムだと、こういうあたりの融通がきかないのだよ。こんな風にキャンセル待ちのサジェストまでしてくれる賢いシステムなら良いのだけどね。

ホテルの予約はOK。有効期限の切れていたESTAも申し込んだ。問題はUberだな。帰国してからAT&Tプリペイドの料金を払ってないから、駐在中に使っていた電話番号はもう無効になっている。てことはUberのアカウントももう使えないはず。実は帰国後にアカウント設定を変えようとしたら、セキュリティコードをSMSで送ってくるなんて言われて(eメールで受けようとしたら米国外ではできない、と…)、どうしようもない状態だ。新しいアカウントを作った方が良いのだろうな。

何だかいろいろめんどくさいじゃないか…