読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野生のペタシ (Le pédant sauvage)

Formerly known as 「崩壊する新建築」@はてなダイアリー

水煮魚食っチャイナ

中華を食うなら大人数に限る。というわけで総勢7名にて南森町中国郷菜館 大陸風なる店へ。本格中華っぽい。
ピータン豆腐、よだれ鶏、玉子春巻き、ハチノスの唐辛子炒め、小籠包、エビとアスパラの卵白炒め、麻婆豆腐、魚の唐辛子煮込み、豚ミンチのレタス包み。野菜炒め。そしてラーメンと炒飯でトドメを刺す。よくもまあこれだけ貪ったものだ。
麻婆豆腐が美味いのが嬉しいところだが、魚の唐辛子煮込みという四川風の料理がまた、ビジュアルも味も素晴らしい。まず、唐辛子てんこ盛りの状態で出てきてビビらせる。

400本ほど入っているとのこと。そしてこの唐辛子を取り除くと、中の白身魚が出てくる。

ヒラメだったかな?底にはモヤシが敷き詰められている。こいつらに唐辛子の味が染み込んでいて、たまらん美味さだ。
そんな感じでビールも紹興酒も進んで、すっかりお腹ぱんぱん。でそこからなぜか、浅野日本酒店へ行こう、ということになる。まあ腹ごなしに歩くには程よい距離だろう。
今代司の蔵元さんが来ていて、飲み比べセットなんてものが出ている。

左端の錦鯉柄のやつが美味かった。…高いけどな。
さらに臥竜梅。

で茨木まで戻って、さらに某所でグラッパなぞ飲んで。などしていたらすっかり泥酔した。なんとか電車で、フラフラになりながら帰宅したことだった。
いやあ堪能いたしました。