野生のペタシ (Le pédant sauvage)

Formerly known as 「崩壊する新建築」@はてなダイアリー

たろやん の検索結果:

たろやんにおまかせ

…一杯。 過去に何度も行ってはその度に驚愕している「たろやん」へ行き、例によってその法外なボリュームにまた驚愕していたわけだ。刺身、煮魚、カマ焼き、出し巻き卵、タコのぬた和え、ウナギの天ぷら、カキフライ、ときて、さらに鶏鍋、雑炊つき。尋常じゃない。 いやもう、たまりまへんわ。 あの店ちゃんと採算取れてんのかいな、と思うが、堺東界隈で5、6軒ほどもいろんな店出して、けっこう手広くやってるんだから油断がならない。ちょっと見、怪しげなおっさんだけども、なかなかやり手なんだなあの大将。

Seven days a week

…ごもご言いつつ這々の体で退散する、といったような顛末であったその夜、堺東の「たろやんの家」で飲み会である。刺身やら煮魚やらカニやら、ずいぶんなボリュームで出てくる魚料理を満喫したら、今度は自分のテーブルで焼く焼鳥がどばっと来る。大変美味であるがこのボリュームはおっさんにはいささかキツいな、などと言っているところに今度は鍋が。いったい何がどうなっているのか、と驚愕しながらいただきましたですけど。まあさすがに麺は遠慮しておいて。休肝日の運用は9月から、ということでひとつよろしく。

3月ってのはほら色々とね

…事なことなのでもう一度言う、それは誤解だ。堺東の「たろやん」本店で飲んだとです。 ここってなかなかの名店よな。 料理はおまかせにしたら、刺身にタコの酢味噌和えにだし巻きに焼き魚にエビフライにサイコロステーキ、そして鯛しゃぶ、と何だかとてつもない量がでてきたぞ。 雑炊まで食べて、もうお腹ぱんぱん。ごちそうさんでした。それでもちゃんと11時前に帰宅して。エラいぞ俺様。 最近あんまり遅くまで飲んだくれる体力がなくなってきたのよな。ま、これで良いんだと思う。歳相応ってやつよ。ふふん。

バッカスの呪い

…の送別会で、堺東の「たろやん」で呑んだ。何度か行っているが、なかなかええ店どす。 さて堺東で一杯やって、今日はまあおとなしく帰ろうか、と滞りがちなブログの更新をiPadでやりながら地下鉄堺筋線に乗っていたら、南森町でHさんが乗ってこられた。谷町界隈でやはり一杯やっておられたらしい。なんたる偶然か、とあれこれ話をしつつ南茨木まで。降りる駅も同じなので、まあまだそんなに時間も遅くないし、軽く一杯やりませんか、と駅前の八剣伝へ。 有史以来、「軽く一杯」と言って、本当に一杯だけで済ん…

焼酎にしといたらよかったかも

まだ火曜日だけど堺東で一杯。 堺東の「たろやん」はコストパフォーマンスにすぐれた名店ですぜ。焼鳥やらもつ鍋やらラーメンやら立ち飲みやら、堺東限定であれこれ展開している。昨年の忘年会ではここの焼鳥だった。今回はてっちりですよてっちり。 ちょっと調子に乗りかけたが、「まだ火曜日」と珍しく分別を働かせ、まっすぐ帰宅したのであった。偉いぞ俺様。 それにしてもあの店のハイボールは、よっぽど安もんのウイスキーを使こてるんと違うか。なんか頭痛いがな、正味の話。

焼鳥たろやん

…してみたらATMで現金引き出しも問題なくできた。どないなっとんねんていう話ですよ。 堺東の「たろやん」は魚も焼鳥もイケる。特に今日の焼鳥は美味かった。焼肉的にテーブルにあるコンロで自分で焼くスタイルだが、肉が良いんでしょうな。もともと生食用らしく、ちょいレアぐらいの焼き加減がええんである。下味もついているようで、塩を少々か、あるいは何もつけずにというのが結構。 という感じで刺身、カマ焼き、あん肝ポン酢、そこそこの量の焼鳥、さらにアンコウ鍋まで。いやあお腹いっぱいになりました。

和魂創彩 たろやん

本日より仕事始めであります。 そして新年会。いやあなかなか結構でござった。てっちりに加えて、噂には聞いたことがあったものの初めていただいたブリしゃぶ。 へぇ、大変においしゅうございました。明日が休みだったら言う事なしなのだけどね…