読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野生のペタシ (Le pédant sauvage)

Formerly known as 「崩壊する新建築」@はてなダイアリー

Seven days a week

海外出張も2泊4日の弾丸ツアーだと、時差ボケしない。現地時間に慣れる前に帰ってくるから。なので国内出張へ行ったのとさほど変わらず比較的元気で、帰国翌日の金曜日は普通に出社。
f:id:neubauten:20150728094457j:image
先日の健康診断で何やら「要精密検査」が出ているらしく、説明を拝聴するため健康管理室へ出頭した。どうやら尿酸値がついに基準値を超過したらしい。
「いやーこれ体質なんですよ」などとテキトーなことを言っていたがやはり長期的なトレンドとしてじわじわ上昇しているデータは否定できず、酒量も増えてますよね、という指摘にいや昔からこんなもんですよと軽くいなそうとするも飲酒日が10年前は週に2日だったのが少しずつ増えていまや週に7日(つまり毎日)という事実(問診票に書いてある)を突きつけられもう逃げ場はない。尿酸値を下げるのに薬を、と言われるので、いやいやそれぐらいなら酒を抜きますよ週に2回ぐらい、と思わず口走ると、それだけ出来れば十分です、素晴らしい!で、何曜日に?と先方と追撃の手を緩めない。えと、いや月曜日と… 日曜日とか?などともごもご言いつつ這々の体で退散する、といったような顛末であったその夜、堺東の「たろやんの家」で飲み会である。刺身やら煮魚やらカニやら、ずいぶんなボリュームで出てくる魚料理を満喫したら、今度は自分のテーブルで焼く焼鳥がどばっと来る。大変美味であるがこのボリュームはおっさんにはいささかキツいな、などと言っているところに今度は鍋が。いったい何がどうなっているのか、と驚愕しながらいただきましたですけど。まあさすがに麺は遠慮しておいて。
休肝日の運用は9月から、ということでひとつよろしく。