読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野生のペタシ (Le pédant sauvage)

Formerly known as 「崩壊する新建築」@はてなダイアリー

崩壊する記憶の宮殿

比較的太めのスパゲティの麺が少しだけ残っている。そのせいかこの数日、なんだかちゃんとしたカルボナーラが食べたいなあと思っていた。ちゃんとしたカルボナーラには、やっぱりグアンチャーレかパンチェッタを使いたい。でもそんなもんこの辺で見たことない。Whole Foodsはどうだろう?と仕事帰りにパルミジャーノの塊の小さいやつとプロシュットを買ってきた。
で、帰ってから気づいた。
節子、それPancettaやない。Prosciuttoや。
しまった…
てことでもうどうでもよくなって、晩飯はレンチン温野菜サラダとプロシュット。いやはや何とも。

やれやれ、何か映画でも観るかー、てことで本日は『007 ドクター・ノオ』。

記念すべきシリーズ1作目ですよ。いやーこれ初めて観るけど、ショーン・コネリー若っ!(当たり前だ)
で、観ているうちに、秘書とイチャついたり、ベレッタなんぞ使うのやめとけ、と取り上げられたり、ブリーフケースにタルカムパウダーを振りかけたり、というシーンたち。いやこれなんだかどこかで観たような… そしてボンド君が寝ている間に毒グモが這い上がってくるのをめっちゃ汗かきながら見ているシーンで確信した。
これ、観てるやん。初めてとちゃうやん…
しっかりせんか俺様。
いや正確には、観ようとしたけども途中で寝落ちして諦めた。ということだったような気がする。うん、なんとなく思い出してきた。
で実は今回も、最後5分ぐらいのところで寝落ちした。まあそれなりには面白かったんですけどね。ただストーリーそのものより、何というかショーンコネリーを観るのが面白い、というか。あの過剰な男前ぶり、みたいなところがね。
この1作目からすでにカーアクションは導入されているのだけど、思い切りはめ込み合成なのが何とも微笑ましい。そして、原子力発電をやってるドクター・ノオの島で放射能に汚染されるわけだが、何だか雑な除染やってるなあ、と筋違いな感想を持ってみたり。

カルボナーラ、もう普通のベーコンで作ろかな…