読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野生のペタシ (Le pédant sauvage)

Formerly known as 「崩壊する新建築」@はてなダイアリー

なんだかアヤシげなやつら

先日FredMeyerでCDを買った時ダフトパンクの"Random Access Memories"が税別8.99ドルで、「安っ!」と思ってついでに買ってしまった。でも、冷静に税率9.5%、と1ドル120円強という為替レートを考えてみると、別にそんなびっくりするほど安いわけでもなかったな。
ランダム・アクセス・メモリーズ

ランダム・アクセス・メモリーズ

 

 

ダフトパンクといえば映画「TRON: Legacy」のサントラなわけで、わたくしの場合ダフトパンクを聴いたのはたぶんあの映画を観たときが初めて。で、おおなかなかカッコええやんけ、と思ってわたくしの中でのダフトパンクのイメージはアレ、なんですな。だから、このアルバムもああいうゴリゴリのテクノだろうと思って聴いたら、一曲目こそそっち系ではあるものの、それ以降はなんだか、なぜだかジョルジオ・モロダー御大の語りをフィーチャーした"Moroder by Giorgio"などというどこまで本気なんだかよくわからない曲もあったりしながら、全体にはこれってソウルとかファンクとかそういうやつじゃないの?と少し当惑ぎみ。なんかシックみたいですぜ、と思ったらナニゲにナイル・ロジャースがギター弾いてる曲もあったりするのか!あのカッティングってカッコええよね。
うーむ参った。なんだかよくわからないけど、すごいぞダフトパンク