読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野生のペタシ (Le pédant sauvage)

Formerly known as 「崩壊する新建築」@はてなダイアリー

揚げ物は正義

先週の土曜日に買ったしらすを食べそびれ、手付かずで残っている。ご飯にどばっと乗せてちょいと醤油でもかけてしらす丼、なんていうのが素敵なのだが、もともと鮮度に関してどこまで信用して良いのか不明な上に、気温が30℃を超える昼間に車のトランクの中に数時間放置するという試練を与えてしまっている(ちなみにチョコレートは溶けていた)ので、これを生で食すのにはかなりの勇気が要る。
となるとこれは火を通して食べることになるわけだ。それではしらすを加熱するレシピは?ということであれこれ調べた結論として、かき揚げにすることにした。自慢じゃないが天ぷらなんぞ作ったことはない。まあ適当だ。参照したレシピにも、小麦粉:適量、水:適量、と書いてあった(ひどいレシピだ)。
実は、どういうわけかネギもだぶつき気味だ。理由はよくわからない。買った量はいつもと同じだし、使うペースもほぼ同じはずなのに。まあいずれにせよネギがたっぷりあるのでこいつも入れることにした。また、直前に思いついて生姜も刻んで入れてみた。で、油淋鶏の揚げ油を再利用して作ったしらすとネギのかき揚げはこんな感じだ。

もうちょっと小さめに作った方が良かったかもしれない、周辺はパリっとして良い感じだが、中央部が少しばかりねちょっとしていた。まあたっぷりめの油で揚げれば良いのかもしれないけど。味は良い。生姜を入れたのは正解だった。もっと多めに入れても良いと思う。それでもまずは成功と言って差し支えないだろう。しか気づけば月曜日から毎日揚げ物ばかり食べている(しかも油淋鶏が3日連続)ことになる。なかなか大したものだ。
今週末にまた出張で日本に帰るので、いつも以上に食材の在庫管理はシビアなのだ。あと納豆1パックと卵2個、ピーマンのきんぴら少々に牛乳半パックが残っている。今週は少なからぬ量の作り置きおかず(白菜の煮物)をカビさせてしまったという痛ましい事件もあり、波乱含みのスタートであったが、最終的にはなんとか良きところに着地させられそうである。