読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野生のペタシ (Le pédant sauvage)

Formerly known as 「崩壊する新建築」@はてなダイアリー

世界中であんな連中がデカい顔してやがるんだ

昨夜寝る前に聞いたニュースには驚愕した。いや実はそんなに驚いてはいない。少しづつ段階を追って、そんなバカなことが起こるわけがないだろう、というのを時間をかけてじっくりと反証されたような感じだったので。さんざんやきもきさせられた末に、ああがっかり、と。とにかく、心底うんざりさせられた。まさに、世も末だ。誰かが言っていたが、次はフランスか。フロン・ナショナルってか。ああもう勘弁してくれ。

どうも昼間眠くて、仕事もなんかダラダラした感じ。まあこんな時はさくっと帰ってぴぴっと走りにでも… と言いたいところだが4時半にはもう日が暮れている。ああまたトレッドミルか、どうにも気が進まんなぁ。と思い、せっかく雨も降ってないことだしここはやはり外に出よう、ということで。とはいうもののいつものコースは真っ暗だ。なのでいつもと違うルートで、とにかく街灯などがあって少しでも明るいところを選んで走ってきた。

さて晩飯だが、作り置きもあまりないので一品ほど足す必要がある。卵焼きをつくることにした。やはり鋳鉄のフライパンにしてからずいぶん作りやすくなった。あとは適切な配合と火加減を習熟することだな。

前回はどばっと醤油が入って大惨事になったが、とりあえず今日は無事だ。が、ひょっとしてまだちょっと多いのだろうか。どうも色が黒い。火加減あるいは調理時間のせいかもしれない。だし巻きも卵焼きも、奥が深いのだ。
明日の晩飯のことを考えておかねばならんなあ。