野生のペタシ (Le pédant sauvage)

Formerly known as 「崩壊する新建築」@はてなダイアリー

魚ざんまいですな

前回の出張からまだ1ヶ月も経っていないが、また長岡へ行ってきた。ただし今回は残念ながら日帰りだ。
とりあえず長岡駅に12:30に集合。まずは昼飯だ。
今回はエリア担当セールスと一緒なので車があるので、少し遠出をして、長岡インター近くにある新潟海宝丸、という回転寿司へ。
すでにご案内のことではあるが、最近の回転寿司屋はもう、オンデマンドだから寿司なんて回ってないのよね。タッチパネルで注文した寿司が、高速のベルトコンベアにより発注元にものすごい勢いで届けられる。フードロスを減らすことができて(もちろんコストも抑えられるし)、良いことだとは思う。が、嘉門達夫の『私はバッテラ』って、あの歌詞も意味わからんようになるんだろうな…
さて、寿司か天ぷらか、と悩みつつも結局は全員が「本日の海鮮丼」を選んだ。

がっつり、ですわ。
アラ汁が50円なので思わず注文してしまいそうになるが、聞くところによるとどえらいボリュームらしい。というかそもそも丼ものにはデフォルトで味噌汁が付いてくるからチューイして!
ついてきた味噌汁は、アオサたっぷり、そして魚介系の濃厚なダシ。エビの頭で取ったってか。ナイスですなあ。

仕事は無事に終了。ものすごい勢いで話をまとめてきた。なぜなら、できるだけ早く長岡駅に戻りたかったから。そう、前回は閉まっていて行けなかった長岡ぽんしゅ館の唎酒所を今回こそはいてこましたろ、というわけだ。
まずは、越後五十嵐川特別純米

旨いね。わりとすっきり系かな。
次は、苗場山純米吟醸

ちょっとクセがあるような… これ、燗にしたら美味いんでないの?てことでぬる燗にて。おー、やっぱり美味いやんけ。
そして、同じ苗場酒造の「醸す森」純米大吟醸。これはコイン2枚を必要とするスペシャルなやつで、セルフのマシンではなくカウンターで求めなければならない。

これは美味い。わたくしの好みだ。本日のベスト。すっきりとした酸味と甘味がある。白ワインっぽい。
最後は「夢」山廃純米。

うむ。これもなんだか熟成酒っぽい風味が。こいつも燗。うん、やっぱり燗のほうが美味い。ぬる燗がおすすめらしいけど、もうちょっと温度高めにしても良いような気がするなー。
てなことをやっているうちに新幹線の時間に。ということで上越新幹線ときにて東京へ。

わりと早めの上越新幹線に乗れたので、東京駅には18時ごろに着く。しかし東京から予約しているのぞみは余裕を見て19:40発だ。もう少し早めの新幹線に変更しようとしたが、金曜の夜だから混んでいてコンセントのある席が取れない。致し方ない、それでは東京で晩飯がてらどこぞで小一時間ほど飲んでいくことにしよう。となるとやはりあそこか。というわけで我らがO班長に、今日はどちらで飲んでらっしゃいますか?と連絡を取ってみた。今日は飲んでますか?ではなく、そこはもう飲んでるに違いないと決めつけて、ではどこで?と訊いているのがポイントだ。で案の定、アキバですよ、という答えが返ってきた。ほらね、さすがO班長、期待を裏切らない。それでは小一時間ほどお付き合いください、と返信して、上野で途中下車し秋葉原へ向かった。
そう、久しぶりの「アキバの酒場」。
O班長が升盛りを確保していてくださった。ありがたや。

あんた昼も海鮮丼食うたんちゃうんか、とかそういう不粋なことを言うもんじゃないよ。
アキバの酒場名物のこの升盛りも、以前は390円だったが、さすがに今は490円。いやそれでも破格だとは思うけどね。
破格といえば、わたくしが到着したぐらいのタイミングで十四代開封された。ナイス。
もちろん十四代を注文。やー、美味いですな!
…考えてみるとわたくし十四代を初めて飲んだかもしれません。だって高いんだもの。
さてこの店に来たらもうひとつ押さえておかねばならないのがアジフライ。

絶品ですわー。酒は松の司を投入。おお、バナナフレーバー。これまたわたくし好み。

なんてやってると1時間なんてあっという間だ。後ろ髪を引かれつつ秋葉原を後にし、東京駅へ。アキバでは結局升盛りとアジフライしか食べてないので、新幹線に乗る前に売店であんまり美味くないサンドイッチとビールを買った。で、新幹線に乗ったらそれを食べて、あとは新大阪までほとんど寝ていたという体たらく。窓際席を取った意味あんまりなかったな…

アイツまたおらんようになったらしいで

十二国記』revisied企画もいよいよ『黄昏の岸 暁の天』までやってきた。

かなり頼りない感じの麒麟=泰麒がなんとか王を見出したと思ったら、その王は反乱鎮圧のため出かけて行ってそのまま帰ってこない。その裏で実は謀反が進んでおり、戴王驍宗の不在中に襲われた泰麒は「蝕」を起こして蓬莱にぶっ飛ばされた、つまり戴国は王も麒麟も不在となってしまう。謀反の首謀者である阿選が王を僭称し暴虐の限りを尽くし戴国は荒れ放題と。そんな中で、大逆の濡れ衣を着せられ、命からがら脱出してきた将軍・李斎が慶国に助けを求めて転がり込んでくる、てな話だ。
今回のお題は「十二国記ワールドにおける外交のルールとはいかなるものか?」かな。他国に兵を入れて侵すことは「覿面の罪」にあたり王も麒麟も死んでしまう、ということになっている。それがわかっていながら景王に泣きつく李斎、いわゆるところの無茶振りってやつですね。
本作では景王陽子に加え、おなじみ雁国王尚隆に延麒六太まで登場し、なかなか豪華キャストになっているわけだが、さて戴国は行方不明になっている王と麒麟を無事に探し出してくることができるのでしょうか、って最新作『白銀の墟 玄の月』のあらすじのところに

戴国に麒麟が還る。王は何処へ ーー

なんて書いてあって、つまりそういうことだ。思いっきりネタバレしとるやないか…

おばちゃんってワイルドだもんな

前から気になっていた『おばちゃんたちのいるところ』が、早くも文庫になった。よしよし。

体裁としては短編集。いずれも、幽霊とか心霊現象が出てくる。つまり、怪談なのだこれは。でもぜんぜん怖くない。ここまで怖くない怪談、知らんなあ。怖いどころか、なんだかトボけてて妙に可笑しかったり、ちょっとほのぼのしていたり、何となく勇気づけられる感じだったり。変な小説だ。
そして、バラバラの短編集だと思って読み進めていくと、実はそれぞれがどこかでつながっていたりする。キーになるのは、名前も主たる事業内容も明かされることのない会社と、そこで要職を務めていると思われる汀(てい)さんだ。そこまでと関係のない話だと思っていると、どこからともなく汀さんが現れて、全体を貫いている何か大きなものに取り込んでしまう。
この中の一編、「ひなちゃん」を読んでいて、あれ?この話どこかで聞いたような… そうだ落語の『骨つり』じゃないかこれ、と思ったらやっぱりそうで、というかこの本のすべての短編は、落語とか歌舞伎とか浄瑠璃とか何かしらそういったものをモチーフにしているのだった。ううむ気付かんかったな。というかわたくしが元ネタを知らなすぎるのだ。残念。

ふざけた奴らだぜ

Edyの残高が少なくなってきたので、パソリを使ってチャージしようとしたら、サポート対象外の機種です、というエラーになる。
何でやねんついこないだまで普通にチャージできとったやんけ、と思って調べてみたら、どうもパソリで楽天EdyにチャージするためのアプリがiOS13に対応できてないようだ、ということがわかってきた。
ああ、そういえば… とメールのゴミ箱をあさると、“【重要】iOS 13およびiPadOSでの「パソリ対応 楽天Edyアプリ」の動作について【楽天Edy】(2019/9/13)”なんていうタイトルのメールが出てきた。

いやまあ、OSが新しくなると、そういうこともたまにあるよね…
って、もう10月やんけ!
iOS 13がリリースされてからどんだけ経つと思とんねん!
iOSなんてもう、13.1.2まで行ってるんやぞ!(まあそれもどうかと思うが)

App Storeを見ると、【重要なお知らせ】として、

iOS9.0をご利用の方は最新のバージョンにアップデートしてください

とある。


いやだから、すでに最新版やっちゅうねん。
もちろんレビューは大炎上中。どうするつもりだ楽天よ。

そういえばこの楽天Edyやパソリには、わたくしもさんざんイラつかされてきたものだったなあ。

いや、過去形じゃない。現在進行形でイラついている。
あ、そういえばEdyって現金でチャージする時、五千円札とか一万円札だとお釣りが出ないのよな。あれも前々からふざけんなボケ、と思っていたのだった。
もうね、イラつくどころか激怒ですよ激怒。俺様は激怒した。必ず、この邪智暴虐のEdyを除かねばならぬと決意したいところだけど、会社の食堂で昼飯を食べるのにEdyが要るんだよなあ。というかそれさえなければEdyなんてまず使うことないんだけどな。

那智黒よりバナナの方が好きなので

ザ・プレミアム・モルツの<香る>エールをケースで買ったら、オマケで新型電動式神泡サーバーが付いてきた。

またおもろいもんを作りよったな…
まあ確かに、美味いとは思うけど。

そういえばギネスビールも、バーなんかで注文すると、何やら超音波を出すとかいう装置の上に乗せてしばらくしてから出してくるな。あの装置のことをサージャーと呼ぶらしい(今知った)。

ソニックアワー ブラック

ソニックアワー ブラック

あれもクリーミーな泡を作るためのものだとか。
ひょっとして電動式神泡サーバーも、ギネス用に使えたり… しないか。

電動式神泡サーバーの説明書を読んだ妻が「これって水の入ったコップでメガネの洗浄とかできるんちゃうん?」と言っていた。うん、無理じゃないかな。
でもひょっとすると、ギネス用のサージャーならいけるかも。

あまり大きな声では言えないのだけども、わたくし実はギネスってそんなに美味いと思ったことがなくてですね。まあスタウトそのものがあんまり、てのもあるし、だいたいあの、注文した時の泡を落ち着かせるための儀式(「サージング」ですな)が何だかもう、勿体つけやがって、みたいな気分になってしまうのよな。まあ我ながら不粋なことであるなあ。
でもキリンシティの「3度注ぎ」は確かに美味いと思うけどね。

なんだか、あらためてギネス飲んでみたくなってきたな。できれば正統派のアイリッシュパブで、フィッシュアンドチップスなんかとね。

お初にお目にかかりました

伊丹市立美術館に『ルート・ブリュック 蝶の軌跡』展を観に行った。

つい最近まで、ルート・ブリュックなんて聞いたこともなかった。
何だか良さげな展覧会をやってるから観に行こう、と妻に誘われて初めて名前を知った。案内で紹介されている作品を見ると、なかなか好みな感じ。
で実際に観たら、いや確かにこれは、かなり良い。
何だか、空中に浮遊する男女、とか、鳥とか魚、そして微妙な深いトーンがシャガールを連想させる。

「ライオンに化けたロバ」。素朴なようで、どこか人を食ったような雰囲気もありつつ、妙に惹かれる。

残念ながら地下の展示室は撮影禁止。

こちらはレリーフ作品がメインになっている。グロスとマット、そしてアースカラービビッドカラーの組み合わせに様々なバリエーションがあって、見ていて飽きない。立体的な幾何学模様を組み合わせて構成されるものが多いのだけど、手で切り出したそれらの要素には絶妙なゆらぎがあるため、有機的な印象を受ける。後期の作品になるほど、ピースはだんだんと細かくなっていき、一方で出来上がりは巨大になっていくのが面白い。表現はミニマルでアブストラクトながら、それでも不思議と「樹」とか「水に映った夜景」とか、ちゃんとわかるのだ。
てな感じで、いや実に観応えありましたな。ルート・ブリュック、要チェックですぜ。

唐揚げとヴァイツェンを貪りました

三宮で飲み会が予定されていた。ご案内の通り台風19号がいよいよ上陸しようってなタイミングで、それ大丈夫なのかという懸念も一部にはあったのだが、少なくとも関西、殊に京阪神エリア(なぜか天気予報では「近畿」っていうざっくりすぎる分け方するのよな)においては午後の早い時間が強い風雨のピークであり、夕方には概ね雨もやむであろう、という予報であったので、当初の予定どおり決行することになった。
ところが夕方に梅田から阪急の各駅停車で(特急が運休になっていた)三宮へ向かう車中、幹事から入ってきたメッセージによれば、「今夜の営業は勘弁してください」と店の方からキャンセルを通達してきたとのこと。マジか。昼間はちと厳しかったが、夜はイケるやろこれ。しかも昼は営業していたと言うのに、どういうことよそれ。
いやまあ、店が営業しませんというのを非難しても仕方ない。何とか代替案を探さねば。
ということで飛び込んだのがニューミュンヘン神戸大使館。けっこうな大バコだが、客は我々のみ。後に、予約していたと思われる比較的大人数の団体客も一組来たようだが。
さんちかの飲食店も、営業しているのは数えるほどしかない。そもそもセンター街が、これが土曜の夜の三宮か、と驚くほどに人出が少ない。

うーむ、今日なんか多くの分別ある人たちはみんな、家にひっそりこもっているということだろうか。いくら何でもちょっと過剰反応じゃないの?とわたくしは思ってしまうのだけど、油断しすぎなんですかね?