野生のペタシ (Le pédant sauvage)

Formerly known as 「崩壊する新建築」@はてなダイアリー

しれっと11ですね

macOSのミュージックアプリの挙動がどうも思わしくないので、いよいよOSをCatalinaからBig Surにアップデートすることにした。
ところが、ダウンロードしたインストーラを起動したら、ディスクの空き容量が足りない、と言ってきた。
35GBほど必要なのだが、空きを確認したところ10GBを切っていた。
そらあかんわなぁ。
ダメだこりゃ、と絶望してしばらく放置していたのだが、アップデートできないにも関わらずインストーラは保存されているので単にディスクの空き容量が減っただけ、という状態だ。これで泣き寝入りするのもさすがに業腹だ。というわけで、せめてインストーラだけでも削除しておこう、と思ってダウンロードフォルダを探してみてもそれらしいものは見つからない。
いや、あんなデカいものが一体どこに行ったというのだ、とあれこれ探し回っているうちに、「アプリケーション」フォルダで見つけた。ワレこんなところにおったんかい。
サイズが12GBほど。まあまあデカい。
ここでふと思った。このインストーラUSBメモリか外付けHDDに移せば空き容量は20GBほどになる。あと10GBちょいを何とかして空ければ、インストールできるようになるのでは?
とはいうものの10GBの追加スペースをつくるのは簡単ではない。
さてどうしたものか… と考えた末に、いくつかのアプリを削除することにした。特にMicrosoft Office系はデカいし、Apple純正のiWorks系(特にGarageBand)もけっこうなものだ。何、削除するといってもいったん外付けHDDに退避しておいて、後で戻せば良いのだ。
ということで十数個のアプリを外付けHDDに移動した。しかしこれでもまだ1.5GBほど足りない。うむむ。では、ということでミュージックアプリの管理下にある動画2本と、いくつかのオーディオデータも移動して、なんとかインストールが可能になるだけの空き容量を確保した。
ここから数時間かけてOSをアップデートし、退避していたデータやアプリもリストアした。
うむ、Big Surけっこう見た目が変わったな。
それにしてもデフォルトのデスクトップ画像の色合いはちょっとばかし派手すぎないか?

問題の「ミュージック」アプリの不具合はすべて解消された。
ここまで苦労してOSのアップデートしたのに不具合が直らなかったらたまったもんじゃないけど、まあがんばってやって良かった。
しかしミュージックアプリも、むかしはそんなに変な動作はしてなかったように思うのだけど。おそらくだけど、AppleMusic関連のAPIやら何やらの仕様変更があったのだろうな。互換性も一応考えてはいたのだろうけど、古いOS(に付属のミュージックアプリ)への対応は、そこまで真剣にやってなかったのだろう。
まあとりあえずこれでスッキリした。もう5年ほどになるし、そろそろMacBook Airとかに買い替える?なんてのもちょっと考えなくもなかったけど、これならもう少しだけがんばってみても良いかな。

東教授って水戸の御老公やないか

最近キーマは作ったけど基本のチキンカレーを作ってないな。
ということで久しぶりにスパイスチキンカレー。ナスとエリンギを入れてみた。
f:id:neubauten:20210517120023j:plain
ちょっとシャバくしすぎたけど、味はけっこう良い出来だったと思う。だいぶコツが掴めてきた気がする。
美味かったけど、がっつり油使うから後でもたれるし、スパイスのせいでお腹の具合もちょっと調子悪くなるのよな。でもやっぱりたまに食べたくなる。

そうそうスパイスカレーといえば、WOWOW開局30周年記念で『華麗なる一族』のドラマをやっている。
全12回を観るだけの根気は無いが、その関係で山崎豊子原作のドラマやら映画やらも放映しているので、そのうちのひとつである『白い巨塔』の1966年版を観た。

白い巨塔 [DVD]

白い巨塔 [DVD]

  • 発売日: 2012/10/26
  • メディア: DVD
田宮二郎主演ですな。しかし1966年てあんた。わたくしの生まれる前ですよ。
なんというかもう、昭和の映画ってスゴいね。
あれってコントだよな。とても面白かった。
そして、財前五郎の義父・財前又一が実にこう、原作通りの脂ぎったイメージで、なかなか素敵だった。
それにしても原作で全5巻にもなる話をどうやって2時間ほどに収めるんだと思っていたら、まあ途中をいろいろ端折るのは仕方ないにしても、医療過誤で訴えられた財前が勝訴するところで終わりかよ。それはあんまりじゃないか。
あの話は、財前が癌になって、その手術を東教授が執刀するってのが良いんじゃないか。いや、知らんけど。

そういえば原作では学術会議選挙にも出てたな。2年前に読んだ時には学術会議のことなんて知らんかったけど、今あれってめっちゃホットなやつやんけ。
しかし財前って手術の後、結局どうなるんだったかな?ほんの2年前に読んだ話なのに、ちーとも覚えちゃいない。困ったもんだぜまったく。

昼カツ大成功

阿武山に登るには、南側の住宅街から京大地震研究所と阿武山古墳を経由するルート、安威川の上流から稲荷神社を経由して北上するルート、そして北大阪変電所近くの登山口から南下するルート、といったあたりがメジャーなようだ。南側からのアプローチはだいたい上りがキツい。北から回り込めばわりと良い感じで走れるが、登山口まで府道を走って上がらなければならない(別にバスで行ったって誰も文句言わないだろうけど)。
これらの中間ぐらいのルートはないものだろうか。
YAMAPの地図を眺めていると、阿武山の東側、奈佐原あたりからトレイルに入って変電所からの登山道に抜けられるルートがあるように見える。こいつを見つけようじゃないか、ということで、まずは自宅から桜通り、安威川河川敷、上の池公園、を経由して奈佐原をそよかぜ霊園のあたりまで上がってみた。このあたりにトレイルの入り口があるはずだ。
お、これだな。
f:id:neubauten:20210515235532j:plain
と思ってしばらく走ってみたら、行き止まりになっていた。なんてこった。
とりあえず引き返す。
YAMAPの地図によると、このあたりにもうひとつトレイルの入り口があるはずなのだが、見つけられない。
f:id:neubauten:20210515235546j:plain
仕方がないので、さらに引き返す。
学校の前を通ってしばらく行くと、登山道らしきところに入れる。
しばらく走ると、水路の沿った道に出てきた。
f:id:neubauten:20210515235601j:plain
これの入り口が下のどこかにあったはずなのに…
YAMAPの地図とは微妙に違うルートを走っていたのが、やっと合流した、と思ったが、ここから先に進むのはちょいと無理がありゃしませんか。少なくとも普通のランニングシューズで行けるようなところではないような。
f:id:neubauten:20210515235615j:plain
仕方なくまた引き返し、「阿武山方面」と表示されている、ちゃんと整備された登山道を走る。
f:id:neubauten:20210515235628j:plain
いや、ちょっと走るのは無理。整備されてるけど、けっこうキツい上りでっせこれ。
てな感じでひーこら言いながらも、なんとか山頂に到着。
f:id:neubauten:20210515235642j:plain
うーん、結局このルートも、少なくともわたくしのようなヘタレランナーには、走って上がれる感じではないなぁ。
f:id:neubauten:20210515235654j:plain
JR総持寺あたりまでで20km。この辺でもう疲労困憊しており、阪急総持寺まで歩いて、あとは阪急で南茨木まで。
そして昼飯は前回食べ損ねたカツ丼のリヴェンジだ。
f:id:neubauten:20210515235707j:plain
トレラン20kmなんて一気に台無しにするほどの破壊力。さすがですな。

阿武山あたりはなかなか奥が深い。研究してみなければ。

ぼちぼち次のやつが出てきそうだし

Mac OSの「ミュージック」アプリで「坂本龍一」と検索して出てくるページにて、アルバムの一覧を表示させるとおびただい量のアルバムが出てくる。Plays Piano とかPlays Orchestraのライブ盤が多いからだ。なんでこれらのアルバムは「ライブアルバム」の方に出さないのだ、というのは置いといて、90年代の"Sweet Revenge"とか"Smoochy"といったあたりのアルバムが出てこない。
ではこれらの作品はApple Musicには無いのか、というとそうではなく、直接アルバムタイトルで検索すればちゃんと出てくる。
おそらく、「アルバム」のところに表示できる件数が限られているのに多量のライブ盤を表示してしまったためであろう(だから何で「ライブアルバム」の方に移さないのかと)。
ちなみにこれはMac OS用アプリのみの現象であり、iOSおよび iPadOSでは問題なく表示されている。May Blitzの一件といい、どうもMac OSのミュージックアプリには不具合が多いように思う。そういえば、「後で再生」メニューも正常に動作せず、現在再生中の曲の次に再生(つまり「次に再生」と同じ動作)されてしまうし。
もっとも、これはいまだにCatalinaを使い続けているわたくしの方に非があるのかもしれない。とっととBig Surにアップデートしとけや、ということだ。
というような不具合を抱えつつ、なぜか今まで聴かなかった教授のアルバム"Sweet Revenge"、

"Smoochy"、
SMOOCHY

SMOOCHY

そして"Chasm"
Chasm

Chasm

  • 坂本 龍一
  • ポップ
  • ¥2241
といったあたりを最近聴いている。
"Sweet Revenge"とか"Smoochy"あたりって、けっこうポップ路線だったのだなあ。
後に大貫さんのボーカルによりリリースされた「美貌の青空」とか「TANGO」あたりのオリジナルを"Smoochy"では聴くことができる。作曲家としての教授は素晴らしいが、やはり歌は誰かにお任せした方が良いな、と改めて思った。
そういう意味でやはり"Chasm"はなかなかの名盤であるな。"Undercooled"も"/04"に収録のピアノバージョンでしか聴いたことがなかったけど、もともとこういう感じの曲だったのだね。そしてノイジーな"coro"のインパクトもすごい。

そろそろMac OSをアップデートするかな…

ジェフの威を借るトニー

ロックの黄金時代、1970年前後の裏名盤の初CD化や入手困難盤の再発をやってまっせ、一枚どうですダンナ?
てなメールがタワレコから届いた。
May Blitz?聞いたことないな…

でも

ジェフ・ベック・グループのドラマーだったトニー・ニューマンが、全米ツアー中に出会ったカナダ人プレイヤーであるジェイムズ・ブラックと、リード・ハドソンの三人で結成したヘヴィ・ロック・トリオのデビュー作。ブルースをベースに、熱くスリリングなインプロヴィゼーションの応酬が印象的なブリティッシュ・ロック。

なんて言われるとちょっと気になるな。しかしジェフ・ベック・グループのドラマーってコージー・パウエルじゃなかったっけ?あ、あれは第二期か。第一期は、Wikipediaによると、

第一期ジェフ・ベック・グループは1967年前半にロンドンで結成され、ギターにジェフ・ベック、ボーカルがロッド・スチュワートリズムギターロニー・ウッド、ベースとドラムスは定期的に交代していた。初期のベーシストはジェット・ハリスとデイヴ・アンブローズ、ドラムスはクレム・カッティーニとヴィヴ・プリンスが務めた。ラインナップは数ヶ月にわたって交代を繰り返し、ドラムスは結局エインズレー・ダンバーに決定、ロン・ウッドがベースを担当することになった。

ですって。つまりほぼ無名の3人ってことだな。
まあそれはそれでよろしかろう。ひょっとしたらApple Musicにもあるかもしれないから、聴いてみて良かったらCD買おうか。1,100円だし。ということでMay Blitzで検索したら、ちゃんとアーティストで「メイ・ブリッツ」が出てくる。おお、さすがApple Music、と思いつつクリックするとエラーになる。なんでやねん。
ちなみにこれはMacでの話だ。iOSとiPadOSの「ミュージック」アプリでは、やはり検索結果に出てくる「メイ・ブリッツ」を選択すると、「同じタイプのアーティスト」以外に中身の無いページが表示される。無いんなら無いって言え。

坂本龍一

朝顔の効き目はどうだい?

本日、久しぶりに出社した。4/21以来だ。つまり、3週間ぶりであり、また5月に入って初めてでもある。三度目の緊急事態宣言を受けて、可能な限りリモートワークで、ということになったからだ。
ではなぜ本日出社したのかというと、ハンコを押すためだ。まあ昨今よく聞く話だな。
最近ではほとんどの場合押印作業など発生しない。紙の書類と同じフォーマットを作り込んだExcelスプレッドシートの押印欄にハンコ画像をコピペする、てなことはよくやっているけども。それでも、どうしてもリアルハンコが必要、というケースもごく一部に残っている。そのために本日は出社したのだ。

本日の通勤BGMはオアシスの"(What's The Story) Morning Glory?"だ。

(What's The Story) Morning Glory? (Remastered) (Delux)

(What's The Story) Morning Glory? (Remastered) (Delux)

  • アーティスト:Oasis
  • 発売日: 2014/09/30
  • メディア: CD
オアシスで最も人気の高いアルバムだとか。うむ、わかる気がする。わたくしも好きだ。
この中のタイトル曲"Morning Glory"の歌詞がどうしても

二度寝の最中 wake up, wake up

と聞こえる。
1:00あたり以降、何度となく出てくる。

古い曲だしたぶん誰かが、と思って調べてみたら…

ですよねー。

もともと何と歌っているのかというと、

Need a little time to wake up wake up

なるほど。言うてることはそないに変わりまへんな。

トマトにワサビもマリネにチーズもイケるらしいぜ

昨年『ヘイ・ジュード』を読んで、「やっぱり一作目の『東京バンドワゴン』も読んどいた方が良いかな…」と思ってから、もう一年経つのか。

文庫での最新刊『アンド・アイ・ラブ・ハー』が出てしまった。

どうしようかな、と思ったが結局はこの最新作を読んだ。やっぱり面白かった。
とにかく、種々のフォーマットもテイストもきっちりと維持したままで、話はゆるりと進んで行き、その中でちゃんと十数年の時間が経過している。何十年経とうが誰一人として歳を取らない磯野家の人々とは違うのだ。
にもかかわらず、どこかリアリティを感じられないのはなぜなのか。
それはたぶん、堀田家のエートスというのが、昔ながらの家父長制そのまま、のように見えながら実は、登場人物(特に勘一と我南人)の言動にパターナリズムがまったく感じられないところじゃないかな、と思う。
日本の典型的な直系家族構造に基づく暮らしにともなうはずの息苦しさ、面倒さを上手い具合に排除していて、悪く言えばちょっと都合良すぎるんじゃないの、という感じがしつつも、まあ面白いんだから良いじゃないの別に、と思うのだ。
そんな話あるか?というような複雑な家庭事情と登場人物たちの設定によって、もうそんなのどうでも良いよね、という気分にさせられるのだな、きっと。LOVEだねえぇ。