野生のペタシ (Le pédant sauvage)

Formerly known as 「崩壊する新建築」@はてなダイアリー

ロースカツを食べたんだからアジフライはもう良いじゃないか

火曜日に長岡に出張かもしれない。その場合は午前中からの予定なので東京あたりで前泊する必要がある。
てな話が確定したのが月曜の朝。こういうのはちょっと勘弁してほしいものだが、まあ仕方がない。無駄になるかもしれない泊まりの用意をして出社し、幸か不幸か予定通りに出張が確定した。新幹線はエクスプレス予約でいくらでも変更がきくので仮の予定で予約していたが、ホテルは予定が変更になるとキャンセル料が発生するので、予約していなかった。東京や大阪では昨今ホテルの予約が大変に取りにくいので心配していたのだが、最近の定宿にしているヴィアインホテルが当日だというのにあっさり予約できた。当日は意外と取れるものだと聞いたことがあるし、また、メンバーになっているからというのもあろうが、それにしても、あの異常なまでのホテルの取りにくさというのはそろそろ解消しつつあるのかもしれんな。
東京へは夕方に移動することにした。新大阪でKYKのロースカツ弁当を買い、新幹線で食べた。ビールは自粛だ。偉いぞ俺様。それにしても、KYKのとんかつ久しぶりに食べたが、美味いなこれ。
東京へは20時過ぎに着いた。ヴィアインホテル泊とは言っても、今回はいつもの大井町ではなく秋葉原だ。明朝の上越新幹線に乗るのに、少しでも東京駅に近い方が良いし、何と言っても朝食が着くし。しかしアレだ、このホテルの至近にアキバの酒場があるというのに、このまま素通りというのが残念で仕方ない。

f:id:neubauten:20170822235235j:image

でも今日は休肝日にするつもりだし、まだちょっと仕事が残っているし、すでにロースカツ弁当食べたし。
ということでホテルの部屋で少しばかり仕事した後、大人しくフテ寝をしたのであった。

ケーブル切るときはクロエに訊け

土曜日の夜に調子こいて呑んだくれたら、ちょっとしんどいのだなあこれが。
で、夜に観る映画は、寝落ちしても良いように『アンフェア the movie』にした。

アンフェア the movie [DVD]

アンフェア the movie [DVD]

なんでこんなもん録画してるんだ、と実は前に観た時も同じこと言ってるじゃないか。「これ、前に観てるよな…」と観ながら思い出したのだ。けど今回は続編の『the answer』も『the end』も録ってあるぜ。たぶん『the end』がWOWOWでオンエアされた時に、シリーズ一挙放送したんだろうな。
もとはテレビドラマだった、てのは知ってたが小説の原作もあったとは知らなかった。映像化して、あちゃー、というパターンなんだと思う、たぶん。面白いんだけども、ものすごいパクリ感というか寄せ集め感というか。
まあせっかくなんで文句言いながら続編も観ようと思う。

40歳以上の8割が歯周病ですと?

どうもこの1〜2週間ほどアゴが痛い。右の奥歯のあたり。噛み締めると鈍痛がある。ものを食べられないほどではないが、ちょっと辛い。そろそろ検診とか歯石除去もしなければ、と思っていたので、かかりつけの歯科医へ行った。

今はブリッジを装着しているあたりの歯根が化膿してたりすると厄介だな、と心配していたのだが、そういうことではなさそうなのでとりあえず一安心。じゃあ何なんだ、というと実はよくわからない。わからないけども、親不知のせいかもしれない、らしい。親不知は5年前に抜いているが、今回はそれと反対側、右の奥歯あたりだ。 こいつの隙間あたりに雑菌でも入ったんではありますまいか、知らんけど、というのが医師の見立てだ。だいぶ疲れてるのんとちがいますか、とも言われた。いや、そりゃ疲れてないとは言わんが、それほどでもないと思っていたのだけど…

でもそう言われると、疲れているような気もしてきた。とりあえず、という感じで抗生剤とビオフェルミンと鎮痛剤を3日分処方された。なんか気休めっぽいな、という気もするが、まあ様子見だ。

ちなみに左上の奥歯に虫歯ができているようだ、とも診断されているのだが、そちらの処置は次回以降ということらしい。いつも思うけど、なんで歯科医の治療ってのはこう小出しにするんかね。これも何かの利権とか陰謀とか絡んでるんかな。と、何だかモヤモヤした土曜の昼下がりであった。

野菜の不作が心配ですな

朝起きたらどえらい雨が降っていて、いやこれどうしたもんかね、と途方に暮れたが、わたくしが家を出る時間にはやんでいた。ふん、所詮はゲリラ豪雨、恐るるに足らず。と家を出て駅に着いたあたりからまた激しく降り出した。おー危ないところだった。
なんでも東京ではこの夏、40日連続で雨が降り記録を更新したんだかしてないんだかでそりゃもう大変なことだ。大阪ではほとんど降ってないというのに。iOS純正の「天気」アプリの予報はかなり弱気というか心配性というか、とにかくやたら雨が降るという予報ばかり出す割には滅多に降ったためしが無い。降る降る詐欺だ。さすがにこれではちょっと役に立たんな、ということでYahoo!天気のアプリを入れた。これだいぶマトモだわ。ただ、いちいちこれからの天気を通知してこなくても良いから、ちょっと黙っといてくれないか。

ミケランジェロ・プロジェクト [DVD]

ミケランジェロ・プロジェクト [DVD]

HDDに録りだめた映画を観ようと『ミケランジェロ・プロジェクト』を選んだのだが、途中で何度となく寝落ちしてしまい、まともに観られなかった。決して、つまらない映画だと言っているわけではない。面白い映画のはずだ、たぶん。とにかく眠かったのだ。時々こういうことがある。困ったもんだ。あの映画は、またの機会に観るとしよう。
今週は3日しか仕事してないのに、なんだか疲れたよパトラッシュ。

目玉焼きには塩でしょうが

先日、繁昌亭の昼席へ行った時に聴いた噺の中に『多事争論』というのがある。目玉焼きにかけるのはソースと決まってるのにソースが切れてるとはどういうことや、とおっさんが怒るのだ。
大阪といえばタコ焼きにお好み焼き。いずれもソースが欠かせない。そうでなくても、大阪の人間は何にでもソースをかける、という。つまりソースというのは大阪においては極めて重要な調味料ということだ。
で、『大阪ソースダイバー』。

大阪ソースダイバー: 下町文化としてのソースを巡る、味と思考の旅。

大阪ソースダイバー: 下町文化としてのソースを巡る、味と思考の旅。

 

そう、このタイトルはもちろん、あの名著へのオマージュである。つい読んでみたくなるではないですか。
『アースダイバー』が、人々の精神の古層を地形からひもといて行ったように、本書では大阪における「街的なもの」とソースとの関わりについて考察する。まさにソースダイビングなんである。
前記の『多事争論』ではおっさんが「紅ショウガの天ぷらにソースかけて食べたらどんだけうまいかお前知らんやろ」とまくし立てる。本書の「はじめに」でいきなり

けっこう何にでもソースをかけて食べていました。コロッケやカツはもちろん天ぷらまで、揚げ物類はみーんなソース。タマネギやサツマイモや紅ショウガの天ぷらに、ソースがよく合うんだよなぁ。無論、目玉焼にもソースをドバドバと。

などと書いてあって思わず笑ってしまった。そのまんまやないかい。ちなみにあの紅ショウガの天ぷらというやつ、大阪にしか無いもんらしいですな。確かに東京では見かけた記憶がない。というか大阪でも、立ち食いうどん屋か串カツ屋ぐらいにしか無いんと違うかしら。
まあとにかく、そんな感じでひたすらソース。大阪の各地、だけでなく神戸や京都の、街場のお好み焼屋(「お好み焼き」ではなく「お好み焼」と表記するのが著者のこだわりだ)を紹介し、関西の各種「地ソース」をテイスティングし(あんなに種類があるとは知らんかった)、ソース工場を見学し、そして下町の串カツ屋について語る。
いかんな、夜中に串カツが食べたくなってくる。揚げ物にソースにビールって、確かに犯罪的な美味さよな。ってそんなこと言ってるから尿酸値が高いのだ。
明日は「松葉」か「ヨネヤ」あたり、ちょこっといったろか…

あんたの靴を履かせろ

世間では、まだ夏休みという会社等も多いことだろう。電車は空いているし、社外からのメールや電話もほとんど無く、まことに結構である。盆休み明けのリハビリ勤務にはちょうど良い。
ところで、すでに廃盤となっているPsychedelixのいくつかのアルバムがリマスターで再発される、とタワレコから案内が来ていた。ちょうど400円オフクーポンの期限も迫っていたことであるし、"PSYCHEDELIX -revisited-"を購入した。

PSYCHEDELIX -revisited-

PSYCHEDELIX -revisited-

ボーナストラックとしてリミックス4曲が追加されている。
これより後のアルバムは全部聴いているのだが、このファーストはまだ聴いたことがなかった。2枚目の"PSYCHEDELIX II'はもう少しファンキー寄りに、そして3枚目の"Stand"はさらにタイトな音になっていったのだと思うが、このアルバムはなかなかバラエティに富んでいるな、と思う。悪く言えばまとまりが無い、ということかもしれないけど。実はChar師匠、ダニー・ハサウェイあたりが好きだったりするわけだけども、"Nameless Land"あたりを聴いていると、そういうのもなるほどな、となんとなく思わせられる。"Aqua Shoes"なんかのコードのヴォイシングはもう、いかにもChar、という感じだし。しかしまあ何と言っても圧巻なのはアラビックなフレーズで疾走感あふれる"Rainbow Shoes"でごさいましょうか。
それにしてもChar師匠、"Let Me Try Your Shoes On"、 "Rainbow Shoes"、 "Aqua Shoes"て、どんだけShoes好きなんだ。BAHOでも"Black Shoes"ってあったしね。
まあとにかく、いま改めて聴いてみると、面白いアルバムだと思う。

Uターンしましたよ

10時ごろに家を出て、それからちょっと寄り道などしていたらもう11時。そっから大阪に向かうわけだが、やはり渋滞が心配だ。けれども実際のところ、西宮から宝塚までの約12km。こんなのはまあ、想定の範囲内だ。
てなわけで茨木に着いたのは14時過ぎ。まあ上出来と言ってよかろう。で昼メシにカレーを食べよう、とわざわざ阪急茨木市の駅ビルの中のスパイスへ行ってみたら、閉店してやがんの。なんでやねんなもー。
ちなみにいま茨木カレーサミット2017をやっているので、カレーを食べられる店はいつもより多い。のだが、もうどうでもよくなって駅前のきんせいで台湾まぜそばを食べた。これもなかなか美味いじゃないか。

 

夜に、ついにWOWOWで始まった連続ドラマの『プラージュ』1回目の録画を観たが、これなかなか面白いですな。星野源ちゃん扮する貴生くんのヘボ感が、実に良い。ちなみに仲里依紗は仲里・依紗ではなく仲・里依紗であるという事実を初めて知り、少しばかり衝撃を受けている。