野生のペタシ (Le pédant sauvage)

Formerly known as 「崩壊する新建築」@はてなダイアリー

そんなコンピレーションは嫌だ

夏休みの間に長距離を運転し、紙ゴミをまとめてヒモでからげてはせっせとリサイクルステーションに運び込み、荒れ放題の庭の草むしりをし、ほとんど腐っていたカーペットを廃棄処分した後の板の間の上に薄い布団を敷いて寝て、てな生活をしていたら、どうも腰が痛い。いつものように心斎橋の整骨院へ行って治療をしてもらうついでに、難波のタワレコに立ち寄った。「オシャレな女性ヴォーカルによる洋楽ジャズ・カヴァー」なんていう、ちょっといたたまれない感じのコピーを付けて"Jazz Sexiest Ladies"というコンピレーションCDが売られていた。

うわちゃー、と思うが、まあこういうのもある程度は仕方なかろう。しかし、そこに添えられたPOPには、「聴いたら最後 Sexist LADIEsの虜」などと書いてある。おい、そこは間違えたらアカンとこやぞ。SexiestとSexistはだいぶ違う。Sexist Ladyというのは例えば話題の杉田某とかいう議員みたいなのをいうんであってだな(以下略
そんなわけで(どんなわけだ?)長らくウィッシュリストに入っていながらも、何となく手を出しそびれていたバディ・ガイの"Damn right, I've got the blues"が1,000円ポッキリ(+消費税)になっていたので、つい買ってしまった。

アイ・ガット・ザ・ブルース~エクスパンデッド・エディション

アイ・ガット・ザ・ブルース~エクスパンデッド・エディション

"Five long years"はフレディ・キングの曲だよな。個人的にはクラプトン翁が"From the cradle"でカバーしていたバージョンが馴染み深いわけだが、バディ・ガイによる完全にイッちまってる系のこれ、大丈夫なのか?なんていうか、バディ・ガイっていろいろ勢いだけでやってるところあるんじゃないのかな。ギターソロなんか聴いてると、え、それって明らかに間違ってるよね?てなフレーズが結構入っていたりする。まあでもそれがまた味なんですけどね。聴いてると、そんなんどうでもええやん別に、てな気分にさせられる。これがブルーズよね、知らんけど。

2秒前まで待って

「こないだ観た映画、めっちゃ面白かった!でもタイトル忘れた…」
「どんな内容?」
「テロリストがプルトニウムを入手したんで、人並み外れた能力を持つ諜報部員で構成された特別チームでそれを取り返そうとする話。そのテロリストが核爆弾を作って爆発させようとするけど、危機一髪で解除して世界を破滅から救う、っていう」
などと説明されたとして、その映画のタイトルを当てることができるだろうか?いや、できない。できるわけがない。あまりにも「よくある話」だからだ。より詳しく説明しようとして、格闘シーンでは必ず拳銃や起爆装置のリモコンを、ギリギリ手が届かないところに取り落す、とか、起爆装置のタイマーを止めることができるのは爆発2秒前、などと補足してみたところで、事態は何一つ改善されない。こんなベタなストーリーで臆面も無く新作を作ってしまうんだから恐れ入る。いや、『ミッション・インポッシブル フォールアウト』のことなんですけどね。

もはやストーリーでは他の映画と区別がつかなくなった分、アクションをド派手にするわけですな。いやもう、トム・クルーズもええ歳してホンマようやるわ。CGもスタントも無しで、ビルの屋上から10m離れた隣のビルにジャンプして移るとか、頭おかしいんじゃなかろうか。あのカーアクションもどうやって撮影してるんだろう。金かかってそうやなぁ、とか、あーあ、パリの街をあんなぐちゃぐちゃにして、とか、そんな心配ばかり。やたら高いところでファイト一発な感じになるシーンがやたら多くて、とにかく尾骶骨のあたりがむずむずしてたまらない。あと、MI-6から送り込まれた女スパイのイルサとイーサンの元妻ジュリアの顔がなかなか区別つかなくてモヤモヤした。
というような感じで、大変に楽しめました。

立秋ですからね

朝7時の気温が20℃!
こんなの最近なかったよなーと思いつつ走りに出て、久しぶりに10km。やっぱり涼しいと走りやすいわー。

夜は味幸房みなみさんに行ってみましょう、てことになり。
どこへ行ってもつい注文してしまうのがスルメの天ぷら。

とりあえず箕面ビールのヴァイツェン飲んで、2杯目はこざるIPA

赤鶏の塩焼きがまた、美味いの。

てな感じであれこれ。日本酒はBlack Swanと仙介。Black Swanかなり好み。ヨーグルトっぽい。
てな感じでもう、お腹いっぱいざました。ごっつぁんです。

渋滞のない宝塚なんて

うちの実家の近所では、金曜日がプラスチックごみの日だ。部屋の掃除(というか荷物の整理)をして大量に発生したプラごみ(の一部)を出して、少しだけすっきり。ほとんど日課になっている紙ゴミのリサイクルセンターへの搬出もやり、父が精密検査を受けるための紹介状を病院へ取りに行き、荷物をコンビニで発送し、などとやってから大阪に向けて出発したのはもう11時前だ。それでも今回は高速道路の渋滞は(佐用ー吹田間では)まったく無く、実に順調に茨木まで帰ってきた。一番渋滞していたのがイオンの前の道路だ(いつものことだ)。
鳥取にいる間に蒼雲に行ければよかったのだがタイミングが合わず。なのでイオンの紅虎餃子房で黒ゴマ担々麺を食べた。

つい半チャーハンをセットにしてしまうのは悪い癖だな、と思うけど。チャーハン好きだからやめられない。

突き出しはサラダで食べ放題

雨が降ったせいか、ずいぶん涼しくなった。夕方まで降ったりやんだり、だったが、やみ間をぬって夕方にびゃーっと5kmほど走ってみた。うむ、ずいぶんと走りやすい。やっぱりこうでないとね。
で夜はまた飲みに出てました、すんません。
この時期は店の予約もなかなか難しい。お盆の間にあえて営業していた店も、「もうそろそろええやろ」てな感じで休んでしまったりするのだな。なのでそんなに気の利いた店に行くのは無理、てことでくいもん屋わん、みたいなチェーンの居酒屋でもまあ致し方ない。
けど、「仙台風厚切り牛タンの炙り焼き」が写真ほど厚切りではないってのはちょっとね。

いやまあ、味はわりと良かったんだけど。この店やたらチーズ推しで、チーズダッカルビとかチーズ入りチヂミとかチーズつくねとか。いや、みんな美味かったよ。けどししゃもが品切れってのはいただけないなあ。

日置桜のちJameson

久しぶりに雨が降ったりなんかして、ちょっとだけ涼しいかな?と思わんでもないが、いやそれにしても湿度が高い。朝から何やかんやと用事があって出歩いていたり、午後は部屋のゴミ出しをしたりなどして過ごすうちに一日終わってしまう。で夜は飲みに出ると。
こころび、というのが人気店らしく予約困難とのことだったが、うまい具合に3人潜り込むことができた。海鮮系がなかなかイケる。サバのへしこが実に結構なのだが、なんでこんな怪体な器で出てくるのか。

2軒目には久しぶりにNORGRANにトライしたら、あっさりと入れた。いやあ相変わらず何を目指しているのかさっぱりわからないナイスな店だ。
今回はエラ・フィッツジェラルドの"Speak Love"が良かったな。

Speak Love

Speak Love

特に一曲めの"Speak Low"。カッコええですなあ。これ、Apple MusicにはあるのにAmazon MusicにもSpotifyにも無いのよな。んー残念。

こいつぁ死んでるな、と思ったら

帰省する直前にMacbookのバックアップを取ろうとした時、バッテリー残量が85%になっていて一瞬あれ?と思ったがそのままスルーしていた。バックアップに時間がかかりすぎる(結局、出発前にバックアップを取るのは諦めた)ことの方が気になっていたのだ。
で、実家に帰ってからあらためて見たら、今度は80%ほどになっていた。で、メニューバーのバッテリーアイコンでステータスをチェックすると、「充電できません」などと言っている。いや充電できませんてあんた。こりゃまずいな、と思っていろいろ調べてみても、SMCをリセットせよとかPRAMをクリアしてみたらとかそんなことしか書いてない。ダメ元でこれらも試してみたが、もちろん何も改善しない。うわーこりゃバッテリーが逝ってしもとるな。盆休みにGenius Barはなかなかキツいでしかし、と絶望的な気分になりつつもとりあえずバックアップを取って、その後に電源から外して放置しておいた。
で本日、またMacbookを立ち上げて(というかスリープ解除して)みたら、ついにバッテリー残量ゼロになっている。ACアダプターだけで動作しているということですね、と思いつつもまあ使えなくはないのでそのまま使っていたら、じわじわと充電が始まった。バッテリーのステータスに表示される情報によれば、2時間半ほどでフル充電されるとのこと。何だそれ、どういうことだ?と思いつつそのまま放っといたら本当に2時間半後に100%まで充電されていた。
いったい何がどうなっているのかさっぱりわからないが、とりあえずGenius Barには行かなくてもすみそうだ。ご先祖様が帰ってくるというお盆だから、死んだかと思ったバッテリーが生き返る、ぐらいのことはあっても良いんだろうよ。よう知らんけど。