読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野生のペタシ (Le pédant sauvage)

Formerly known as 「崩壊する新建築」@はてなダイアリー

RTFM

Fred Meyerへ買い物に行き、ショボいCD売り場を何となく覗いてみたら、プリンス殿下のCDが売られていた。
普段そんなの置いてないくせに。まあでもこの際だし、実は殿下のCDほとんど持ってないし、ということでこの便乗商法に乗せられて、というか殿下を供養する意味で"Purple Rain"税抜き$11.99を購入した。

Purple Rain (1984 Film)

Purple Rain (1984 Film)

早速パッケージを開封し、車の中で聴き始めると、おなじみ"Let's Go Crazy"から始まる。うわー懐かしいなあ。このアルバム昔カセットにコピーしてよく聴いてたもんだ、と思いながら聴くと、シングルになった"Let's Go Crazy"と"When Doves Cry"、そしてアルバムタイトル曲の"Purple Rain"以外、どうも聴いたことのない曲ばかり。あれーおっかしいなぁ、と思ったが、よくよく考えてみたら昔よく聴いていたのはこのアルバムではなく"Parade"の方だった、という何ともお粗末なオチ。いやまぁ良いんですけどね。
ちなみにアコードのオーディオにはHDDが付いていて、CDを再生すると自動的にそれをキャプチャし、次回からはCDを入れなくてもHDDから再生できるようになる。でこのCDもHDDにコピーされたわけだが、どうもキャプチャ中にエンジンを切ったとかそういうことが影響しているのか、曲順が無茶苦茶なことになっている。この機能自体はなかなか面白いと思うのだけど、いったんキャプチャした曲は削除も移動も情報の追加もできない(キャプチャ時に曲名等の情報の取得に失敗するとそれっきりなのだ)。シャッフルで聴くのが前提なのだろうか。マニュアルをちゃんと読むとやり方が書いてあるのだろうか。でもわざわざ読んで、結局できないということがわかりました、なんてイヤだしなあ。
ちなみに先ほどAmazonをちらっと見たら、輸入盤が794円で売られていた。ぜ、全然くやしくなんかないもんね(涙目)。これは供養なんだし。
Fred Meyerめー。