読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野生のペタシ (Le pédant sauvage)

Formerly known as 「崩壊する新建築」@はてなダイアリー

God damn it!

WOWOWタランティーノ祭りやってたのはもう数ヶ月前のことだ。あの時に録画した『ヘイトフル・エイト』をやっと観た。何といっても長いからな。

おい『ジャンゴ』に続いてまた賞金稼ぎか、と思っているうちに、猛吹雪でワイオミングの山中にあるミニーの紳士服飾店(紳士服以外なら何でも売っている)に閉じ込められるワケありの8人(もっといたような気もするけど…)。いったい誰の言っていることがどれだけ本当のことなのかさっぱりわからないままに、例によってどんどん人が死んでいく、と実にタランティーノな映画なわけだが、まあほんと相変わらず無茶苦茶やっとるな。
それにしてもアレだ、タランティーノ映画といえばセリフの随所にf*ckとかfu*kingというワードが散りばめられているものと思っていたのだが(『パルプ・フィクション』では合計265回で歴代20位だとか)、本作ではまったく聞き取れなかった。その代わりにやたら出てきたのがgoddamnだ。これ、南北戦争直後という時代設定と何か関係あるんだろうか?『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズでも、1985年のchickenは1885年はyellowだったもんな。
さて次は『パルプ・フィクション』だな。