読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野生のペタシ (Le pédant sauvage)

Formerly known as 「崩壊する新建築」@はてなダイアリー

駅に置いてるのはパッとサッとな

先日Amazon.comであれこれダウンロード購入したうちのひとつが、パット・メセニー・グループの"Letter From Home"。 

Letter from Home

Letter from Home

 

 


これもまた、Amazon.co.jpのプライム特典で聴けるにも関わらず、あえて購入した物件だ。$8.99で、まあまあ安かった。
"Have You Heard"、"Better Days Ahead"、"Beat 70"、そしてタイトルトラックの"Letter From Home"といったいくつかの曲は、ライブ盤の"The Road To You"で何度も聴いてよく知っている。ふわふわしたギターが気持ちよくて、よく晴れた夏の日をイメージさせるアルバムだ。ジャケットのごちゃごちゃしたアートワークもまた、いかにもパット・メセニー・グループらしくて好ましい。
考えてみれば、本作の前である1987年の"Still Life (Talking)"から1995年の"We Live Here"までの4枚のアルバムがぜんぶ揃ったことになる。パット・メセニー・グループはだいたい好きだけど、この辺りは特に好き。何なんですかね。あの独特の浮遊感というのは"Offramp"のころからあるのだけど、あの頃はまだなんとなくひんやりとクールだったのが、1980年代後半ぐらいからこう、良い感じに暑苦しくなってきたという。

まあそんなわけでこれからの季節はやっぱりコレよね。